全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>V2優勝ヴォレアス北海道がサポーターズミーティング開催 選手・スタッフのトークショー、ファンとの交流も

トピックス

2022-05-29 21:14 追加

V2優勝ヴォレアス北海道がサポーターズミーティング開催 選手・スタッフのトークショー、ファンとの交流も

サポーターミーティング開催

V2/V3 男子

2021-22シーズン、バレーボールV.LEAGUE DIVISION2 MEN(V2)優勝のヴォレアス北海道は29日、旭川市内の会場に約130名のファン、サポーターを迎え、サポーターズミーティングを開催した。

来季続投が発表されているエド・クライン監督(帰国中)と台湾代表帯同中の張育陞は欠席したが、佐々木博秋主将、2021-22シーズン限りでの現役引退を発表した越川優など選手13名とスタッフが出席した。

選手、スタッフを3グループに分けてのトークショーでは、事前に募集されたテーマに沿って、各グループで熱いトークが繰り広げられた。その後、ダンスチームVOREAS FORCEの演技を経て、チームと参加者合同での記念撮影、コロナ禍前以来久しぶりに選手とファン・サポーターとの交流タイムが設けられた。


[トークショーでは3グループ目に登場した越川優]

ヴォレアス北海道はV2では優勝したが、その後V1昇格を賭けてのチャレンジマッチではVC長野と1勝1敗、得点率の差でV2残留が決まった。シーズン終了後、越川に加え加藤伊織、田城広光が現役引退、渡辺俊介、浜田翔太(チームと交渉は継続中)が公式サイトにて退団を発表している。それぞれ契約が5月31日までであるため、6月以降順次Vリーグ公式サイトに記載される見込み。2022-23シーズンに向けての練習はすでに再開しており、続投するエド監督のもと、新シーズンに向けての体制を整えている。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事