全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>ビーチバレー 石井美樹/溝江明香組は17位で大会を終える 2022FIVBビーチバレーボール世界選手権

トピックス

2022-06-17 12:33 追加

ビーチバレー 石井美樹/溝江明香組は17位で大会を終える 2022FIVBビーチバレーボール世界選手権

ビーチバレーボール世界選手権の結果

ビーチバレー

 2022FIVBビーチバレーボール世界選手権は、6月10日から19日までローマ(イタリア)で開催。女子日本代表チームの石井美樹(湘南ベルマーレ)/溝江明香(トヨタ自動車株式会社)組は、15日に行われたトーナメント戦「Round of 32」でブラジルのDuda/Ana Patricia組と対戦し、セットカウント0-2(11-21、14-21)で敗れ、17位で大会を終えた。
 なお、FIVBビーチバレーボール世界選手権で女子日本代表チームがトーナメント戦に進出したのは、2003年の楠原千秋/徳野涼子組以来、19年ぶりとなった。


写真:FIVB

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事