全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>男子代表、VNLフィリピン大会出場の14人を発表。大宅真樹、高梨健太らが合流

トピックス

2022-06-20 18:56 追加

男子代表、VNLフィリピン大会出場の14人を発表。大宅真樹、高梨健太らが合流

VNL男子 第2週フィリピン大会出場選手14人

全日本代表 男子

 公益財団法人日本バレーボール協会は20日、6月21日(火)から26日(日)までケソン市(フィリピン)で開催される「FIVBバレーボールネーションズリーグ2022 予選ラウンド第2週フィリピン大会」に出場する男子日本代表チームの選手14人を発表した。

 同チームは16日、フィリピン入国後の15日に行ったPCR検査でスタッフ4人、選手6人が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けていることを公表。その後、フィリピン大会に予定通り出場すべく、準備を進めていると発表していた。

 15日に新型コロナウイルス感染症陽性診断を受けた選手のうち、大会が定める5日間の隔離措置を終えて健康状態に問題がないと診断された選手は、21日から試合に出場することを認められた。
 また第2週は、14人以外の遠征メンバーにリベロの高橋和幸が加わったことも併せて発表された。

 出場選手14人は、以下の通り。

1 西田有志 OP
2 小野寺太志 MB
5 大塚達宣 OH
6 山内晶大 MB
7 高梨健太 OH
8 関田誠大 S
9 大宅真樹 S
10 髙橋健太郎 MB
11 富田 将馬 OH
12 髙橋 藍 OH
13 小川 智大 L
14 石川祐希 OH ※主将
20 山本智大 L
26 村山豪 MB


写真:FIVB

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事