全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>ブラン監督「第1次予選を勝ち抜き、トップチームであるフランスといい試合ができて嬉しい。冬には若手の合宿をする予定」

会見・コメント

2022-09-12 17:48 追加

ブラン監督「第1次予選を勝ち抜き、トップチームであるフランスといい試合ができて嬉しい。冬には若手の合宿をする予定」

ブラン監督会見

全日本代表 男子

バレーボール男子日本代表監督のフィリップ・ブラン氏が12日、リモート会見を行い、今年度の代表について振り返った。

世界選手権については、ベスト16に終わったが、フランスというトップチームと非常にいい試合ができてよかった。フランスチームとの差はディテールだと思う。

大塚達宣選手はカタール戦とキューバ戦で(故障明けの)石川祐希選手の代わりを完璧に務めた。世界選手権に先立って行われたネーションズリーグで、大塚選手、高橋藍選手が経験を積み、世界選手権で結果を出してくれた。

今年度はブロックについても取り組んできたが、世界選手権ではそれも成果を収めることができた。フランス戦ではフランスのブロックが11,日本が8とそれほど差はなかった。

昨年度、牧選手や甲斐選手ら若手をトレーニングする計画があったが実現しなかった。今年度は12月に天皇杯視察のために来日し、それに合わせて有望な若手のトレーニングをしたい。

パリオリンピックに向けて、出場権をとることが今の一番の目標。早い段階で出場権を取ることが本戦にむけて重要になってくる。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事