全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>堺が7勝目でWD名古屋に並び、セット率の差で2位に。サントリーが6勝目で3位に浮上。14日も試合の東レが5勝目 V1男子

トピックス

2022-11-14 00:37 追加

堺が7勝目でWD名古屋に並び、セット率の差で2位に。サントリーが6勝目で3位に浮上。14日も試合の東レが5勝目 V1男子

V1男子の結果

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVISION1MEN(V1男子)は13日、岡谷市民総合体育館(長野県)、アリーナ立川立飛(東京都)などで計4試合が行われた。

長野で行われたVC長野対堺の第2戦はホームの長野が第1セットを先取し、第2セットもデュースにもつれ込む接戦に。しかし、28-26で堺がセットを奪取すると、続く第3、第4セットも連取し、3-1で勝利した。この結果、堺は13日に試合のなかったWD名古屋と同じ7勝1敗21ポイントで並び、セット率の差で暫定2位となっている。

鳥取で行われたJT広島対サントリーの試合は、サントリーが3-1で勝利。前日に続いて3ポイントを獲得したサントリーは暫定順位が3位に浮上した。秋田で行われたジェイテクト対パナソニックの第2戦はジェイテクトが3-1で勝利し、3勝目。JT広島とパナソニックは3敗目を喫した。

東京では東京グレートベアーズ(以下東京GB)と東レの第1戦が行われた。今回は変則的な日程で、14日(月)に第2戦がナイトゲームで行われる。13日は先日、230試合を達成した東京GBの星野秀知が記念のセレモニーと始球式を行った。星野は昨年まで在籍していた東レとの対戦となり、古巣のコートに始球式のサーブを打ち込んだ。試合はサーブ&ブロックの機能した東レがストレートで勝利した。14日の試合で東レが3-0または3-1で勝った場合はサントリーと同じ6勝2敗17ポイントとなり、順位が浮上する。Vリーグとしては珍しい月曜日のナイトゲームということもあり、注目の1戦となりそうだ。

13日現在の暫定順位は以下の通り。

順位   チーム   勝ち  負け  ポイント
1   WD名古屋  7   1   21
2   堺      7   1   21
3   サントリー  6   2   17
4   JT広島   5   3   15
5   パナソニック 5   3   15
6   東レ     5   2   14
7   ジェイテクト 3   5   10
8   VC長野   1   7    3
9   東京GB   0   7    1
10  大分三好   0   8    0


始球式でサーブを打つ星野秀知(東京GB)

写真:黒羽白

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事