全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>久光・中島咲愛「ラリーに持ち込まれても拾い負けしないように」、荒木彩花「セットの入りから自分たちの有利な展開を作りたい」 V1女子コメント

会見・コメント

2022-11-20 08:27 追加

久光・中島咲愛「ラリーに持ち込まれても拾い負けしないように」、荒木彩花「セットの入りから自分たちの有利な展開を作りたい」 V1女子コメント

11月19日 KUROBE対久光 久光コメント

V1リーグ 女子

 11月19日に富山県西部体育センターで行われたバレーボールV1女子、KUROBEアクアフェアリーズ対久光スプリングスの久光の選手コメントをお届けする。

 KUROBE 1(16-25、25-23、16-25、21-25)3 久光

■中島咲愛選手
KUROBEさんのディフェンスが良く、ラリーが続くことが多かったが、最後はしっかり取れていたのが良かった。
明日は1本目に集中し、連続失点を許さないように意識する。また、ラリーに持ち込まれても拾い負けしないようにしていく。明日も引き続きご声援よろしくお願いします。

■荒木彩花選手
1セット目は良い形で取ることができたが、2セット目、相手に押されて自分たちがやりたいことができず、苦しい展開を作ってしまった。
今シーズン、セットの入りが課題として上がっているので、明日はまた全員で意識してセットの入りから自分たちの有利な展開を作っていけるようにしていきたい。


写真提供:SAGA久光スプリングス株式会社

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事