全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>ゲームレポート>髙橋藍所属パドヴァ、ヴェローナにサーブで圧倒され今季初のストレート負け イタリア1部

ゲームレポート

2022-11-23 08:00 追加

髙橋藍所属パドヴァ、ヴェローナにサーブで圧倒され今季初のストレート負け イタリア1部

パドヴァゲームレポート

Others

イタリア男子バレーボールリーグセリエA第8節、髙橋藍所属のパドヴァは現地時間11月21日(月)にアウェイでヴェローナと対戦し、0-3(21-25, 17-25, 21-25)のストレートで敗れました。

髙橋藍は今シーズン初めてのベンチスタートでしたが、途中出場から2得点をあげました。

第1セットスタメン

パドヴァ

OH:デスメット(ベルギー)、アスパルホフ(ブルガリア)
MB:ヴォルパト(イタリア)、クロサート(イタリア)
OP:ペトコヴィッチ(セルビア)
S:サイッタ(イタリア)
L:ツェンガー(ドイツ)

ヴェローナ

OH:ケイタ(マリ)、モジッチ(スロベニア)
MB:コルテシア(イタリア)、グロズダノフ(ブルガリア)
OP:サポジュコフ(ロシア)
S:スピリト(イタリア)
L:ガッギーニ(イタリア)

※ポジション:OH=アウトサイドヒッター、MB=ミドルブロッカー、OP=オポジット、S=セッター、L=リベロ

●試合レポート

この試合パドヴァは、ヴェローナのOPサポジュコフ(220cm)とのマッチアップを考慮して髙橋をベンチスタートに。

第1セット、序盤からこの試合スタメン抜擢のOHデスメットが躍動し、スパイクにブロック、サービスエースを次々と決めて8-5とスタートダッシュに成功します。パドヴァはヴェローナのOHケイタをサーブで徹底的に狙い、その作戦が効果を上げているように見えました。しかしある程度パスが返れば、ヴェローナのOPサポジュコフ、OHケイタ、OHモジッチと全員が最高到達点370cm以上あるんじゃないかという高さのある3人のサイド陣が高い決定力でスパイクを決めていきます。それでもパドヴァはなんとか相手のサーブターゲットとなっていたOHアスパルホフが耐えてOPペトコヴィッチやデスメットのスパイクで14-11とリードを保ちます。

しかしヴェローナがMBコルテシアのサーブからエースを含む3連続得点で14-14とすると、さらにサポジュコフのサーブからアスパルホフ、そしてリベロのツェンガーも崩されて、サービスエース2本を含む5連続得点で18-23と一気に逆転。パドヴァもすかさずアスパルホフに代えて髙橋藍を投入してサーブレシーブの安定を図りますが時すでに遅し。ヴェローナのセットポイントの場面でリリーフサーバーで入ったガルディーニがエースで一矢報いるも、2本目がミスになって21-25で第1セットをヴェローナが取ります。

第2セット、今度は序盤からケイタのサーブがパドヴァコートを襲い、エース2本を含む5連続得点で2-5とヴェローナがリード。途中MBクロサートのサーブでパドヴァが連続ブレイクに成功し8-7と一時逆転するも、再びケイタにサーブが回ると、またもや2つのエースを決めるなどして11-14とすぐにヴェローナが再度リードします(この直前にアスパルホフに代わって髙橋が投入されていましたが、サーブレシーブをまったくさせてもらえず)。その後もMBグロズダノフにもこのセットチームで5本目となるエースが出て12-17と更にヴェローナがリードを広げ、パドヴァもペトコヴィッチのスパイクなどで得点を奪いつつ反撃の機会を伺いますが、ケイタがサーブレシーブで耐えてブレイクを許しませんでした。そしてそのまま最後はMBグロズダノフのクイックが決まったヴェローナが17-25でこのセットも取ります。

第3セット、あとがないパドヴァはスタートから髙橋を起用。しかし今度はセッタースピリトがOHアスパルホフとリベロのツェンガーの間を通すサーブでエースを奪うなどして0-3とヴェローナがスタートダッシュに成功します。更に続くグロズダノフのサーブにもアスパルホフが崩されて連続ブレイクを奪われて3-7となると、パドヴァは彼に代えてデスメットをコートに送ります。この後はペトコヴィッチのスパイクなどでコンスタントにサイドアウトを取って10-12と食らいつきますが、そこからグロズダノフ、サポジュコフのエースで12-20とヴェローナが点差を大きく広げます。

しかしパドヴァもこのままでは終わりませんでした。髙橋が通過点を高くした脚の長いスパイクをストレートに決めると、途中出場のMBカネッラのエースが決まり14-20となり、続くペトコヴィッチにも2連続エースが出て17-21とパドヴァが点差を縮めます。タイムアウト明けにヴェローナのセッタースピリトが髙橋のブロックを利用した技ありのツーフェイントでサイドアウトを取りますが、パドヴァのサイッタもアタックライン付近からクイック得点をアシストするプレーで魅せます。

そして髙橋藍のサーブ。パドヴァサポーターから「がんばれ」コールが鳴るなか好サーブを連発し、返ったボールをペトコヴィッチが確実に得点にして2連続ブレイクに成功し20-22と2点差まで詰めます。このまま並ぶかと思われましたが、パドヴァの反撃はここまで。ヴェローナのOHケイタとOPサポジュコフの高さのある攻撃を最後に防ぐことができず、21-25でこのセットも失ったパドヴァはヴェローナに今季初のストレート負けを喫しました。

MVP:ルカ・スピリト(セッター)

髙橋はこの試合2得点、アタック決定率40%でした。

これでパドヴァは通算3勝4敗6ポイントで暫定10位。

次週は現地時間11月27日(日)20:30(日本時間翌4:30)から、ホームでモンツァと対戦します。

文:堤敏樹
(『トシキブログ』より。※ブログ内で感想や取材のこぼれ話なども掲載しています。)
写真:Lega Pallovolo Serie A

>> ゲームレポートのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事