全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>V参入決定後初の公式戦となったアルテミス、カノアが大学強豪に善戦。アランマーレ、浜松、龍谷大がV1チームからセットを奪うも敗退 皇后杯

トピックス

2022-12-09 23:22 追加

V参入決定後初の公式戦となったアルテミス、カノアが大学強豪に善戦。アランマーレ、浜松、龍谷大がV1チームからセットを奪うも敗退 皇后杯

皇后杯1回戦の結果

Others / V1リーグ 女子 / V2リーグ 女子 / 大学バレー 女子

 令和4年度皇后杯全日本バレーボール選手権大会ファイナルラウンドが9日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で開幕。1回戦が3セットマッチで行われた。

 2023-24シーズンからVリーグ参入が決まったアルテミス北海道、カノアラウレアーズ福岡がV参入決定後初の公式戦に挑み、カノアは東海大学、アルテミスは筑波大学とそれぞれ大学の強豪と対戦。カノアは今月4日に閉幕した全日本インカレで優勝し、今年は大学4冠を達成した東海大に対し、第2セットはデュースにもつれ込む粘りを見せた。

 一方、オリンピアンの成田郁久美監督率いるアルテミスも黒鷲旗ベスト8などの実績のある大学の強豪・筑波大と対戦。第1セット序盤は筑波大が一方的な試合展開でリードするもアルテミスも徐々に点差を縮めて25-18。第2セットは序盤から一進一退の攻防となり、中盤はアルテミスが連続得点でリードする場面もあった。しかし、筑波大が20-19としたところから一気に得点を重ね、25-21でこのセットも連取して勝利した。

 このほか、V2女子のプレステージ・インターナショナル アランマーレとブレス浜松がV1のPFUブルーキャッツと埼玉上尾メディックスから1セットを奪う善戦。元日本代表の江藤直美監督率いる龍谷大もV1のトヨタ車体クインシーズから1セットを奪い、健闘した。

 10日はシードの久光、東レ、JT、NECも登場し、同じ会場で2回戦が行われる。試合開始は10時から。

【1回戦結果】
高知工科大 0-2 JAぎふ
岡山 2-0 神戸親和女子大
アランマーレ 1-2 PFU
埼玉上尾 2-1 浜松
福岡大 0-2 KUROBE
東海大 2-0 カノアラウレアーズ福岡
東京女子体育大 2-0 福岡ギラソール
ヴィクトリーナ姫路 2-0 新潟医療福祉大
大野石油広島 0-2 デンソー
日立Astemo 2-0 ルートイン
龍谷大 1-3 トヨタ車体
筑波大 2-0 アルテミス北海道

【2回戦組み合わせ】
久光 VS JAぎふ
岡山 VS PFU
埼玉上尾 VS KUROBE
東海大 VS NEC
東レ VS 東京女子体育大
姫路 VS デンソー
日立Astemo VS トヨタ車体
JT VS  筑波大

写真:堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック