全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>男子準決勝は、鎮西(熊本)✕東山(京都)、習志野(千葉)✕駿台学園(東京)に 春高バレー

トピックス

2023-01-07 07:09 追加

男子準決勝は、鎮西(熊本)✕東山(京都)、習志野(千葉)✕駿台学園(東京)に 春高バレー

春高 男子3回戦、準々決勝の結果

高校バレー 男子

 ジャパネット杯春の高校バレー 第75回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)は6日、男女の3回戦、準々決勝の試合を行った。

 3回戦を勝ち上がれば過酷なダブルヘッダーで準々決勝を戦う第3日、男子は鎮西(熊本)、東山(京都)、習志野(千葉)、駿台学園(東京)の4校が2試合を勝ち切り、準決勝進出を決めた。

 習志野は3回戦で昨年優勝校の日本航空を、準々決勝は開智をいずれもフルセットの末破り、準々決勝では3セット中2セットがデュースにもつれ込むという激闘を制しての準決勝進出となった。

 昨年準優勝の鎮西も3回戦の東北(宮城)、準々決勝の福井工大福井(福井)と、2試合連続のフルセットを制して勝ち上がった。東北戦では第3セットが28-26と、最後までどちらが勝ってもおかしくない大激闘となった。

 2022年のインターハイベスト4で、一昨年春高優勝校の東福岡(福岡)は準々決勝で駿台学園にストレートで敗れ、コートを去った。第2セットはデュースに持ち込んだが、惜しくも24-26で落とした。

 7日は準決勝、男女各2試合が行われる。

【3回戦の結果】
鎮西(熊本) 2(25-21、24-26、28-26) 1 東北(宮城)
福井工大福井(福井) 2(25-15、25-18)0 土浦日大(茨城)
習志野(千葉) 2 (25-23、21-25、25-17)1 日本航空(山梨)
開智(和歌山) 2(31-33、25-17、28-26)1 一関修紅(岩手)
近江(滋賀) 2 (25-20、26-24)0 山形中央(山形)
東山(京都) 2(25-17、25-23)0 県岐阜商(岐阜)
駿台学園(東京) 2(25-8、25-23)0 大村工(長崎)
東福岡(福岡) 2(25-17、28-26) 0 崇徳(広島)

【準々決勝の結果】
鎮西(熊本) 2(28-26、18-25、25-20) 1 福井工大福井(福井)
習志野(千葉) 2 (26-24、25-27、25-18) 1 開智(和歌山)
東山(京都) 2(25-19、25-16) 0 近江(滋賀)
駿台学園(東京) 2(25-19、26-24)0 東福岡(福岡)

【準決勝の組み合わせ】
10:00~ 鎮西(熊本)✕東山(京都)
12:00~ 習志野(千葉)✕駿台学園(東京)

写真:坂本清

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事