全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>日鉄堺BZ・山口頌平主将「良い経験ができ充実しているが、チーム負けたら何の意味もない」V1男子会見

会見・コメント

2024-02-03 09:00 追加

日鉄堺BZ・山口頌平主将「良い経験ができ充実しているが、チーム負けたら何の意味もない」V1男子会見

V1男子 日鉄堺BZ 会見

V1リーグ 男子

1月28日にこのはなアリーナ(静岡県)で行われたバレーボールV1男子、東レvs日鉄堺BZの試合後会見コメントのうち日鉄堺BZ分をお届けする。

■日本製鉄堺ブレイザーズ
●山口頌平主将(セッター)

昨日は今週その5位(日鉄堺BZ)vs6位(東レ)ということで。向こうもそうでしょうけど、こちらとしても今週の試合が大事だということはお互い多分思っていたと思います。
その中で昨日はスタートから自分たちがやりたいバレーができて1セットは取られましたけど、終始いい形で試合ができていました。
今日は東レさんのホームですし、1日目と絶対変わってくるよというのは分かっていました。
それを跳ね返そうということで臨みました。
マッチアップでパダル選手がブロックチェンジをして、ショウ(シャロンバーノンエバンズ)に対してずっと見ていました。
昨日はこちらがブロックで多く点数取りました(13得点)が今日はまた全く逆の感じ(東レがブロック16得点)になってしまいました。
セッターとしても被ブロックが多いというのは考えていかないといけないです。
チームとしてブロックフォローやスパイクの打ち方だったり、粘り強いチームというか、そういうところ目指してやっていかないといけないかなと感じました。
●森愛樹選手(リベロ)

昨日は3-1で勝ちました。
今日は東レさんの勢いや、凄く熱い感じがあって出ていてそれで勢い持っていかれたって感じです。
こちらも単発のミスとかも多かったですし、ブロックフォローとかもやっぱり僕としても全然行けてなかったです。
その差が負けた原因かなと感じました。

――山口選手に。パダル選手がブロックチェンジをしてきたのは今日からか?(オポジットのバーノン選手に対してブロックで対峙)
山口:昨日はほぼしてなくて、今日はほぼ全部していたという感じです。

――第4セットの連続被ブロックの場面では相手が良かったのか?山口選手が対応しきれなかったのか?
山口:ブロックチェンジは常に自分としても見ていました。
その上でそこを避けるのか? 分かっていても、ショウvsパダルの勝負に持ち込んで決めてもらうのか選択肢がありました。
そこで少し自分選択ミスの場面もありましたしトス(セット)の質というか、そこで不十分な体制で打たせてしまったっていうところもありました。
そこはもう一回映像見て、スパイカーとのすり合わせというか修正をしていきたいなと思います。

――セッターでキャプテンとして今シーズンレギュラーとしてプレーをし続けているところで自負はあると思うが、その点と今の自分の評価は?
山口:自分もシーズン通してというところは初めてに近いところです。
今日のような2日連続で同じ相手というところで今週のような土曜日いい形で完勝しても日曜日に土曜日を踏まえた上での両チーム対策をしたうえでの完敗など、2日目の難しさというところも感じています。
ファイナル6にまず残るというところは何が何でも勝ち取らないといけないところではあります。
個人としては後半に差し掛かるにつれてメンタル的にも体的にもしんどい部分も出てきてはいます。
良い経験ができ充実していますが、チーム負けたら何の意味がありません。
やはりそこは結果も出すというところももちろん個人として意識をしてやっています。
今週2勝できれば6 位以上というところは近づくというところで臨んでいて1勝1敗ということで痛い敗戦といえば痛い敗戦です。
まだ6位との差が埋まったとかそういうわけではありません。
次の試合に向けての切り替えてやっていくしかないと思います。
第1レグでは上位チームに勝てなかったので、そういったところにも食らいついて6位以上っていうのはもちろんですけど、そこから4、3位とか少しでも順位を上げていくというところにもチームとしてチャレンジしていきたいなと思います。

――森選手に。昨日に比べてブロックフォローなどのプレーの質が下がったところがあったか?
森:昨日ブロックフォローは今日ほど多くはありませんでした。
今日はブロックフォローで落とす場面が多かったです。
そこはリベロとして後ろから鼓舞していかないといけないポジションです。
ブロックフォローで取れなかったのは痛かったです。

――堀江(友裕)選手が不在の状況でリベロとして1人でプレーしているがプレッシャーはあるか?それとも楽しみの方が大きいか?
森:プレッシャーも少しはあります。
思い切りプレーするっていうのは自分の中で考えています。
そのコートに入るってことで元気良さを大事にしてプレーを思い切りするように心掛けています。

――シーズンを通してリベロとしての自分の特徴を発揮できている面はあるか?
森:堀江さんと2枚リベロやっていましたが、堀江さんが不在で僕が1枚リベロっていうことでプレーをしています。
最初はレセプション(サーブレシーブ)専用でしたが、最近はレセプションディグも入っています。
ティグが苦手な部分がありましたが、最近の試合で結構ディグも上がってきている部分あるのでレセプションをまだまだ頑張っていかないというのもありますが(ディグも)頑張っていきたいなっていうのがあります。

――V2(現在はV3)のデルフィーノから今シーズン移籍をしたが手応えはあるか?
森:V1と舞台は レベルの高いというのは感じています。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事