全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>KUROBE・梅津憂理「サーブは攻める姿勢を大事にしている」、伊東克明監督「震災直後は選手たちが自分の部屋で眠れず、寮の食堂で雑魚寝したこともあった」 V1女子会見

会見・コメント

2024-02-03 11:25 追加

KUROBE・梅津憂理「サーブは攻める姿勢を大事にしている」、伊東克明監督「震災直後は選手たちが自分の部屋で眠れず、寮の食堂で雑魚寝したこともあった」 V1女子会見

KUROBE対アランマーレ KUROBE会見コメント

V1リーグ 女子

1月27日に大田区総合体育館(東京都)で行われたバレーボールV1女子、KUROBEアクアフェアリーズ対プレステージ・インターナショナルアランマーレから、KUROBEの試合後会見コメントをお届けする。KUROBEはこの試合で今季初のストレート勝利を飾った。

KUROBE 3(25-20、25-18、33-31)0 アランマーレ

●髙橋愛未選手(アウトサイドヒッター)

チームとしては初めての3-0勝利ということで、 ディグもよく上がっていましたし、みんなで繋ごうという意識がすごく見られて、いいゲームだったのではないかなと思います。

●梅津憂理選手(アウトサイドヒッター)

今日の試合は「全員で攻め負けない」というのが課題にあったので、そこをプレーに体現できたのが良かったんじゃないかなと思っています。

――両選手に。今、髙橋選手がおっしゃったように、ここまでの勝ち星はすべてフルセットで、逆にフルセットで敗戦の試合も多かったと思いますが、改めて今日、ストレートで勝ったことに対する感想をお願いします。

髙橋:アランマーレさんは勢いのあるチームですし、相手も1勝を取ろうという気持ちで来るのはわかっていたので、スタートを大切に、気持ちで負けないという姿勢で全員が試合に臨めました。また、3-0で勝てましたが、5セットやる気持ちでいつも戦っています。それは「きっと勝てるだろう」という甘い考えで望むのではなく、 自分たちのやるべきことをしっかり1本1本集中してやるだけだということです。今日はラリーが続いて厳しいところもありましたが、そこで気持ちで負けなかったのがストレートで勝てた大きな理由かなと思います。

梅津:髙橋選手も言っていた通り、自分たちの立場的に簡単に勝てる相手はいないので、自分たちがやるべきことを明確にした上で、その試合に臨むことが私たちの課題だと思っているので、それが今日体現できたのはよかったと思います。

――引き続き梅津選手に。今日かなり、コクラム選手がいる中でも、かなりレフト、レフトと梅津選手の方にもボールが集まっていました。ご自身のプレーの感触は?

梅津:今日は相手のブロックが2枚つかないように、セッターがトスを持っていってくれていたので、基本、私はブロック1枚になることが多かったと思います。2段トスを上げる人は難しいところに上げないように、レフトに持ってきてくれて、そこをいかに自分が決めるかということと、自分的には出場機会が多くはないので、ここが見せ場だなと思って、しっかり呼ぶことを意識した結果、ボールが集まったのではないかと思っています。

――梅津選手に。昨年、サーブ部門3位と好成績でしたが、今日もサービスエースを3本とるなど、サーブの方でも非常に活躍されていました。昨シーズンと比べての、今シーズンのサーブの手応えは?

梅津:昨シーズンは、マークされない形でリリーフサーバーとして入って、攻めるだけという気持ちだったんですけど、今シーズンは相手も対策した上で試合に入ってくるので、自分のサーブは、見た感じですけど、キープしておこうという相手の姿勢が感じられます。でも、そこで自分が攻めるのをやめるのは違うなと思っているので、攻める姿勢は大事にしています。手応え的にはまだまだ決められるサーブもありましたし、気持ちの面で劣っている部分があるので、攻める姿勢を忘れないことを継続してやっていきたいと思っています。

――髙橋選手に。今日は攻撃面が好調で、特に序盤は決定率5割ぐらいをキープしていましたが、今日の自分のスパイクの部分での手応えは?

髙橋:直近の4試合ほど、あまり決定率が良くはなくて、それが自分でも課題だと感じていました。今日に関しては、セッターの佐藤(彩乃)がブロックが 1枚になるところで持ってきてくれたりとか、私自身の技術というよりは、戦術がうまくはまって決められた部分が大きかったと感じています。

――先ほどフルセットを戦う気持ちで臨んでいるとおっしゃっていましたが、今日の第3セット、すごくもつれた展開になって、もしアランマーレがセットを取った場合、試合全体の流れも変わるかもしれない状況だったと思います。あの3セット目の終盤は、どのような気持ちでプレーしていましたか?

髙橋:一度帆志乃(住田)と交代をして、それから、 もつれている場面でもう一度出場するという形でした。フロントから交代しましたが、私の大事なところはレセプションだと思うので、まずはレセプションをしっかり返して、3枚が使える状態に持っていくという意識で取り組みました。また、競っている場面は今シーズン、やってきたところではあるので、緊張とかはなく、まずは自分のやるべきことをやろうという意識で、3セット目も戦うことができました。

――以前にお話をお伺いした時に、試合のパターンが決まってるというか、今季はフルセットが多いことと、セットを取ったと思ったら、相手に取り返されることを繰り返してしまうとおっしゃっていたかと思います。今、チーム全体でも感じることだと思いますが、その改善に向けて、話し合ったり、取り組んだりしていることがあれば教えてください。

髙橋:最近の試合はそういうのがだんだん見られなくなってきて、負けているセットでも、 最後まで競ることができたりとか改善自体はしていると思っています。そういう課題が出てきた時に、毎週チームでミーティングをしていて、まずセットの入りが悪いとか、相手が対応してくる時にさらに先を行くように裏をかいて、どう戦うかを話しています。これは試合中や試合の前後に選手でミーティングをする時もよく話が出ていて、チームの中でコミュニケーションを取りながら試合をすることができているからこその、直近の試合の改善なのかなと思っています。

――フルセットが続いている中で、伊東(克明)監督も、本来であれば年末年始は、体の休養をすごく重視していたと思います。しかし、能登半島地震があり、チームも一時期避難などをする状況になりました。災害を経験して、現在の心身のコンディションは?

髙橋:能登半島地震が起きた直後は私たちも動揺しましたし、練習をしている間も余震が続く状況でした。その週や次の週の試合はコンディション不良などでベストな状態で戦える選手が少ないことも重なり、メンタル的にも不安定な状況ではありましたが、だんだん復興に向けて動いていく中で、私たち自身も不安の中で戦うのではなく、私たちのプレーを見て、応援してくれる方々に少しでも元気を与えられるような戦い方をしようと、普段から選手たち同士で話し合っています。チームとしてそういう気持ちで一丸となって臨めていると最近は感じています。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事