全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>男子日本代表、VNL福岡大会出場選手を2名変更。大塚達宣、大宅真樹が登録され、関田誠大、髙橋健太郎がリザーブに

トピックス

2024-06-07 11:52 追加

男子日本代表、VNL福岡大会出場選手を2名変更。大塚達宣、大宅真樹が登録され、関田誠大、髙橋健太郎がリザーブに

VNL男子 福岡大会登録選手の変更

全日本代表 男子

 公益財団法人日本バレーボール協会は7日、「買取大吉 バレーボールネーションズリーグ2024 福岡大会」の男子日本代表出場選手14名のうち2名を変更することを発表した。

 5日のドイツ戦後のフィリップ・ブラン監督の記者会見で発表があった通り、セッターの関田誠大選手は下腿に痛みがあり、検査をするため欠場。代わりに大宅真樹選手が登録される。また、同じく会見で発表の通り、大塚達宣選手が登録される。会見の時点では発表がなかったが、大塚選手が登録される代わりに髙橋健太郎選手が14人から外れた。
大宅、大塚両選手はポーランド戦から出場可能となり、関田、髙橋健太郎両選手はリザーブ選手となる。

 今大会では出場選手とは別にエントリーメンバーから最大4人の選手をリザーブとして登録することができる。出場チームが当該大会の責任者に選手交代を申し入れ、認められた場合、申請が認められた日の翌日の試合から交代した選手が試合に出場できる。また、出場選手から外れた選手も同様の手続きを経て再び大会に出場することができる。

写真:坂本清


U-NEXTは31日無料トライアルあり! 日本語実況解説でVNLを見よう! 見逃し配信も

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事