全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>日本、柳田のサーブが走り、3-1でオーストラリアを下す 

トピックス

2015-09-10 22:52 追加

日本、柳田のサーブが走り、3-1でオーストラリアを下す 

ワールドカップ2015 男子大会の結果

全日本代表 男子

MIPを受賞した柳田将洋選手

MIPを受賞した柳田将洋選手

ワールドカップ男子大会3日目は広島県グリーンアリーナなどで行われ、日本は25-17、25-21,25-27,25-18と3-1でオーストラリアを下した。

スターティングメンバーは、清水邦広、鈴木寛史、石川祐希、山内晶大、深津英臣、柳田将洋、リベロ永野健。
日本は1セット目から柳田のサーブが走り、1,2セットを順調にとった後、第3セットでも24-21と先にマッチポイントを握ったにもかかわらず、ステープルズのサーブに崩され、被ブロック、スパイクミスなどが続き、27-25と逆転されてセットを落とした。

第4セット序盤もシーソーゲームだったが柳田のサーブで崩して連続ブレイクをとって抜けだし、25-18で勝利を果たした。ブロックポイントではオーストラリアが13、日本7と相手が上回ったが、サーブポイントが日本7、オーストラリア3、レセプション成功率日本49.32%、オーストラリア36.9%とサーブで崩していけたことが勝因となった。

昨日に引き続き石川がサーブで狙われたが、永野がレセプション範囲を広くとり、石川と柳田をカバー。ディグでも18本拾って勝利に貢献した。

写真:FIVB

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック