全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>ゲームレポート>日本、イランに1-3負け 自力出場消滅

ゲームレポート

2016-06-02 08:01 追加

日本、イランに1-3負け 自力出場消滅

世界最終予選の結果

全日本代表 男子

途中出場で活躍した米山/FIVB

途中出場で活躍した米山/FIVB

全日本男子チームは1日、リオデジャネイロオリンピック世界最終予選を東京体育館で戦い、イランに1-3で敗れ、五輪出場権獲得はきわめて難しくなった。 第1セット途中でイラン選手と接触した柳田が負傷して米山と交代。米山は攻守に活躍し、第2セットは日本がとった。第4セットも先にセットポイントを奪ったが連続失点し、イランに勝ち点3を献上した。

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> ゲームレポートのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック