全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>白鳥・高橋ペアが準々決勝へ AVCビーチバレーボールアジアツアー2017グランフロント大阪大会

トピックス

2017-10-08 03:20 追加

白鳥・高橋ペアが準々決勝へ AVCビーチバレーボールアジアツアー2017グランフロント大阪大会

AVCビーチバレーボールアジアツアー2017グランフロント大阪大会の結果

 「AVCビーチバレーボールアジアツアー2017グランフロント大阪大会」は7日、大阪府大阪市のグランフロント大阪 うめきた広場内特設会場と毛馬桜之宮公園 大阪ふれあいの水辺で大会2日目の試合が行われた。

 男子はプール戦が終了した段階で、白鳥勝浩/高橋巧組、長谷川徳海/越川優組、小野寺将克/上場雄也組のベスト16進出が決定。続いて行われたトーナメント戦第1ラウンドでは、白鳥/高橋組と長谷川/越川組が日本人チーム同士で対戦。高橋/白鳥組が2-0(16-21、17-21)のストレートで勝利し、準々決勝進出が決定した。また、小野寺/上場組は、カザフスタンのKuleshov / Bogatu組と対戦。1-2(17-21、26-24、15-17)のフルセットで敗れた。

 一方の女子は、前日に引き続きプール戦を行い、長谷川暁子/二見梓組など、日本から出場している6チームすべてがベスト16に勝ち進んだ。8日は、午前中に女子のトーナメント戦第1ラウンドと男子の準々決勝、午後から女子の準々決勝と男子の準決勝が行われる。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事