全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>V・プレミアリーグ男子 パナソニックと合成が開幕4連勝 サントリーはFC東京に勝って2勝2敗 山本湧「勝つことによって得られるものは大きい」

トピックス

2017-11-04 20:56 追加

V・プレミアリーグ男子 パナソニックと合成が開幕4連勝 サントリーはFC東京に勝って2勝2敗 山本湧「勝つことによって得られるものは大きい」

V・プレミアリーグ男子の結果

V・プレミアリーグ 男子

V・プレミアリーグ男子は4日、ジェイテクトアリーナなどで試合が行われ、パナソニックがJTに、豊田合成が堺にストレートで勝利し、開幕4連勝を保った。明日はこの全勝同士の対決となる。パナソニック清水邦広は「戦術が有効的にハマった。いかに助っ人外国人を封じるか。それがうまくできたと思う」。

サントリーはFC東京に勝って2勝2敗。サントリー山本湧は「最初2連敗してしまったので、ここから勝っていければいいと思います。1セット目とられたのは、まだまだ固いところがある。勝つことによって得られるものは大きい」とコメント。

東レはジェイテクトにストレートで勝利し、藤井直伸は「今季ストレートで勝てたのが初めてだったので、よかった」と振り返った。両チームとも最後は助っ人外国人選手を下げて、日本人選手だけで戦う場面も見られた。

●順位  チーム     試合数  勝ち点 勝   負   
1  パナソニック    4     12  4    0
2  豊田合成      4     12  4    0
3  サントリー     4     7   2    2
4  ジェイテクト    4     6   2    2
5   東レ       4     6   2    2
6   JT        4     5   2    2
7   堺        4     0   0    4
8   FC東京      4     0   0    4

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事