全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>今季初白星FC東京 長友優磨「勝ち方を感覚で覚えていきながら、まずは来週の天皇杯、もう一回一致団結したい」

会見・コメント

2017-12-11 08:09 追加

今季初白星FC東京 長友優磨「勝ち方を感覚で覚えていきながら、まずは来週の天皇杯、もう一回一致団結したい」

FC東京堺戦記者会見コメント

V・プレミアリーグ 男子

12月10日FC東京が堺にストレートで勝利し、今季初白星をあげた会見コメント


伊藤主将
自分たちが弱いから負けたと思っています。ちょっと今、それくらいしか言えないです。

――考えていたところと違っていたのは。
安定して力を出せないのが弱み。昨日出だしで(大量得点差をつける)ああいう形ができたのに、今日はできなかった。2レグずっと武器にしていたサーブが、相手のリベロに集まってしまったことと、相手の攻撃をほとんど防げなかった。それでは勝てない。

真保監督
選手はかなり疲れたと思います。体が重くて、頭と違う動きだったのかなと思います。ただ、それはどのチームも同じ。彼が言ったように、いいサーブが入ったときにリベロの橘選手がうまくさばいて、向こうのセッターもいつもより思い切ってミドルを使ってきた。大事なところはペピチ選手。選手には、今日負ける=ファイナル6が難しくなると言ったのだが、こういうときに力を発揮できない。すべての試合が、特にジェイテクトさん、サントリーさんとやるときは、どうしてもアグレッシブさがなくなる。その予行練習だと言っていた。
これから上のチームをしっかり食っていかないと6強はない。

第3セットでローテを回したのは、手塚選手が佐川と当たっていたのを、1、2セットにプレッシャーを与えきれなかったのでウォレスを当てた。きょうはあとブロックをメインに考えていたら、我々のサーブの得意なところにリベロがいたケースが多くて、大胆さにかけた。自分のサーブの得意じゃない方向にも、きっちり打てるようにしないといけない。

相手はレフトが多かったように思う。真ん中とレフトが多かった。ウォレスは、目に見えないディフェンスの動きのキレがなかった。

ここまでうまく行かなかった理由は、外国人選手ともう一つ柱がほしい。千々木がそうなっていこうとしている。

――3レグに向けて立て直すには。
相手は関係ない。2つの軸と安定したサイドアウトをきっちり取れれば、ゲームは作れている。今サーブレシーブの軸は、リベロと伊藤。高野が戻ってきたら、高野のほうが攻撃力はある。ブロックはだいぶ良くなっている。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック