全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>春高バレー 決勝戦は、金蘭会×東九州龍谷(女子)、洛南×鎮西(男子)の組み合わせに

トピックス

2018-01-08 08:39 追加

春高バレー 決勝戦は、金蘭会×東九州龍谷(女子)、洛南×鎮西(男子)の組み合わせに

春高バレー 準決勝の結果

高校バレー 女子 / 高校バレー 男子

準決勝で活躍した金蘭会の1年生エース・宮部愛芽世(あめぜ)。姉は3年前に春高で活躍し、全日本にも選ばれた宮部藍梨

春の高校バレー 第70回全日本高等学校選手権大会は、7日、男女の準決勝が東京体育館で行われた。

第1試合は、女子の下北沢成徳(東京)と金蘭会(大阪)が対戦。金蘭会が3-1で勝利し、下北沢成徳の3連覇を阻んだ。金蘭会は3年ぶりの決勝進出となる。3枚ブロックで徹底マークされた下北沢成徳の2年生エース・石川真佑は、試合後に「3枚でマークされても決めきれるようにならなければ。3年生になってもこの悔しさを忘れずに過ごし、世界で通用するプレーができるようになりたい」と涙ながらに語った。現在イタリアにいる全日本男子のエースである兄・石川祐希にLINEで相談し、コースの打ち分け方などのアドバイスをもらっているという。

3枚ブロックでマークされて苦しんだ下北沢成徳のエース・石川真祐

第2試合は、誠英と東九州龍谷の対戦。フルセットの激闘となり、最終セットでは、誠英のエースであり、キャプテンのヒックマン・ジャスティスの両脚がつり、ベンチに下がるアクシデントもあったが、相手のマッチポイントの場面ではコートに戻り、会場の拍手を受けた。一方、接戦を制した東九州龍谷のエース・中川美柚は、決勝戦の8日に18歳の誕生日を迎える。試合後のインタビューでは「誕生日が決勝戦であることを力にかえて頑張りたい」と決意を語った。

決勝戦に誕生日を迎える東九州龍谷のエース・中川美柚

終盤にアクシデントがありながらも最終セットまで健闘した誠英

写真:堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事