全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>サントリー荻野監督、内定・大宅に「全てに惚れた」

会見・コメント

2018-01-15 08:00 追加

サントリー荻野監督、内定・大宅に「全てに惚れた」

V・プレミアリーグ男子 サントリーvs東レ試合後会見

V・プレミアリーグ 男子

1月12日、東京・大田区総合体育館で行われたV・プレミアリーグ男子、サントリーサンバーズvs東レアローズは、サントリーが3−0で勝利した。その試合後の会見の模様は以下の通り。

栗山、平日ナイター継続希望
「いつもと違う客層。ビール片手に『くりやまー!』って声が聞こえた」

大宅真樹選手
サントリーにきて3試合目になるんですけど、素直に今日初勝利できたことは、嬉しいと感じていますが、まだまだファイナル6に行くために今後の残りの試合を勝ちで終わらせていかないと先が見えなくなってしまう。今日の試合は今日の試合で、また次切り替えて、来週からしっかり臨んでいきたいとおもいます。

星谷健太郎選手
東レさんはギャビン(・シュミット)選手の怪我でかえていたというので、それでも向かってくるというのはわかっていたので、そこの向かってくるというのを逆につぶしにいこうと思っていた結果、勝つことができて、嬉しく思う。

栗山雅史選手
今日の試合は、先週は2敗したんですけど、内容のある試合で、勝ってもおかしくないフルセットで負けたりだったので、今週は1試合しかないし、絶対勝ちたいというのは強くあって、あと、大宅選手が堂々とプレーして、スパイカー陣を引っ張っていってくれた。今後ももっと精度を上げて頑張っていきたいと思います。

質疑応答
——大宅選手のことをおっしゃったが、栗山選手、ウィングスパイカーからして大宅選手のどういう部分が優れている?

栗山:使い方とか精度とか高いんですが、僕がすごいなーと思うのは、パスが乱れてすごい離れたところからライトにジャン(ヤドリアン・エスコバル選手の愛称)のところに持っていくトスとかすごい精度が高い。今まで、パスで崩されて、無理やりジャンにトスを持っていってドリブルだったりとか、難しいボールだから、僕らが上げたらそうなりますし、大宅はそれを丁寧に持っていけている。そういうところがすごいと思う。

——大宅選手は合流してどれくらいなんでしょうか? 短期間で合わせるのはなかなか難しいと思うのですが。

大宅:先月20日合流して、練習し始めました。

——短期間で合わせることに苦はなかったのか、どういったことを心がけたのか?

大宅:最初はもちろん合わないのですが、練習終わってからスパイカーの方から「ちょっと上げて」と言ってきたりしていたので、合わせるのが苦というのはなかったです。

——星谷選手に。ギャビン選手欠場で、もちろん欠場を想定していたケースはあったとは思いますが、今日ブロッカーとして相手の攻撃をブロックで押さえ込んでいたと思うのですが、どういった指示が出て、意識で臨んでいたのでしょうか。

星谷:向こうの布陣からして、オポジットの位置に米山(裕太)選手がいたんですけど、米山選手はどちらかというと守備的かなのかとプランとしてはあって、じゃあ決める人は誰かといった時にパスが乱れた時にクイックなり戸嵜(嵩大)選手なのが向こうのしたいことなのかなと。あとは僕らのサーブがすごい機能していて、向こうがやりづらい展開だったのかなと思います。

——ではどちらかというと、真ん中よりレフトよりに意識していた?

星谷:レフトよりというよりは、パスがきれいにかえったら、布陣を、こっちのブロッカーを見て崩しかったというのはあったと思うんですが、幸い(相手攻撃布陣が)割れていってしまっていたので、藤井の雰囲気とか、まぁわかりやすい、つきやすかった。

——率直に、勝った瞬間の気持ちを聞きたいのと、サーブについて、先週は苦しんでいたが、修正できた点は。

大宅:最後を得点してくれた藤中(謙也)選手に上げたトスが、今日やった中で最悪のトスだったんですけど、それを決めてくれて、嬉しいというよりはホッとしたという感じというのがありました。今日はサーブ、1セット目、ウェイトに狙って、フローターでミスることなく、トスにあまり影響はなかったです。

——今日エスコバル選手への打数が少なくて、レフトの2人にいい形で攻撃で使えていたが、作戦だったのか。意識していたことは。

大宅:荻野さんとかからは、もうちょっとジャンの打数上げていいんだぞとは言われたんですが、僕の性格的に向こうに外国人がいなかったので、外国人で勝つというのは、負けず嫌いじゃないんですが、そういうのが出てしまって、結構今日はジャンは控えめにしました。

——セッターのタイプとしては、自分はどういうタイプだと思いますか。

大宅:丁寧って、結構周りから言われるんですけど、今はただトスを上げている人、スパイカーに助けられるセッターみたいな感じです。

——自分のトスが速いとか、いえることはありますか。

大宅:サントリーに来てからはもうちょっとトスの手離れは速くなってきているのかなと思います。

——星谷選手、今レグから内定選手が入ってきて、新戦力が入ってきて、チームの雰囲気に影響していますか。

星谷:チームに入ってきた若い子たちが皆、自分が活躍するんだとか自分がやってやるんだという形で練習から取り組んでくれていて、喜入(祥充)に関しては入ってきて、レシーブで貢献したいというのはあったと思うんですけど、僕としては、とりあえず元気は出せよと言ったら、アップの時から声出していましたし、自分の役割じゃないけど、そういうのをわかっている子達なのかな、僕らも、僕もまだ若いですけど、元気のある子達が来てくれて、良い循環になっているのかなと思います。

——全体に。夜のゲームをやったという感想は?

大宅:それは体育館の中なので、あまり関係ない、普通でした。

星谷:確かに体育館の中の時間というのは余り差を感じないですけど、用意、準備をどうしたらいいのかというのは多少、どうしたらいいのかというのは一選手としてはあり、だけれども、やってみたら朝よりはすごい乗り気がしやすいのかなとは一選手としては感じました。ブラジルとかイタリアでは夜にだいたい行われていると思うので、こういうのは普通に行われてもいいのかなと感じています。

栗山:金曜夜の終わりで、仕事終わりのサラリーマンのお父さんたちがいつも以上に多く入っているなと思いました。また、ビール飲んでいて、「くりやまー!」という声とかも聞こえて来て、いつもより男性客が多いのかなと感じて、あと別に体のコンディションとか、時間帯がずれればどうこうというのはあんまないんで、お客さんの層がいつもと違って、ナイトゲームいいんじゃないかなと思いました。

——今後もナイトゲームが増えてほしいですか?

栗山:こんだけお客さんが入ってくれるんだったら全然、もっと入らないかなと思っていたんで、金曜日平日だし、スタッフさんが動員かけてくれたり、力入れてイベントとか、サンバーズのホームゲームってすごい力が入っているというのがあったので、他のチームと比べるのはあれですけど、ホームゲーム感が素晴らしいし、やっている僕らもすごいテンションあがりますし、今後もありだと思います。

——他のチームでも内定選手たちが結構活躍しているのですが、意識している内定選手はいますか?

大宅:同じポジションのジェイテクトに入った中根(聡太)選手は、高校でも大学でも向こうの方が結果を出しているんで、そこには意識がいきます。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック