全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>NEC×上尾戦 会見コメント 奥山優奈「サイドに頼り過ぎてしまった」 冨永こよみ「一人ひとりがしっかり役割を果たせたのが勝因」

会見・コメント

2018-01-22 15:00 追加

NEC×上尾戦 会見コメント 奥山優奈「サイドに頼り過ぎてしまった」 冨永こよみ「一人ひとりがしっかり役割を果たせたのが勝因」

NEC対上尾 会見コメント

V・プレミアリーグ 女子

1月21日に大田区総合体育館で行われたNEC対上尾戦の会見コメントをお届けする。

■NEC

・山田晃豊監督

1、2セット目はこちらの展開でゲームを進められたが、上尾さんは、辺野喜(未来)選手、堀江(美志)選手が途中交代で入ってから、粘り強く拾うバレーに変わり、攻撃のテンポも変わって、徐々に流れが相手に傾いていって、劣勢になっていった。もう少し早く対応できればよかった。また、最後の勝負どころではケニア選手が戻ってくるなど、そういった部分で後半、相手のよさを引き出してしまったのが悔いが残る試合結果だった。

――奥山優奈選手をスタメン起用することが多くなったが、どのようなところを期待しているか?

山田:長所は高い位置でセットアップができるので、ネット際に強く、クイックのテンポも速い。また、丁寧なトスワークでアタッカーを活かせるので、そういった部分に期待して起用している。

――3セット目以降の島村春世選手と上野香織選手の交代について。

山田:島村についてはアタックの効果率が落ちていた。

――4セット目以降の奥山選手から塚田しおり選手へのセッターの交代について。

山田:先ほどの話につながるが、3セット目からミドルの効果率が下がっていた。塚田はこれまでの試合でミドルの攻撃を多く使っていたため、そこに期待して送り込んだ。その後、ゲームの流れがよくなったため、島村を戻した。4セット目はジュースの末落としたが、内容的には悪くなかったと思う。引き出しは増えたが、決定力に結びつかなかったのは課題。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック