全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>V・チャレンジリーグⅡ女子 ブレス浜松がGSSを破り、3~5位は混戦に

会見・コメント

2018-02-11 12:38 追加

V・チャレンジリーグⅡ女子 ブレス浜松がGSSを破り、3~5位は混戦に

V・チャレンジリーグⅡ女子の会見コメント

V2リーグ 女子

V・チャレンジリーグⅡ女子は、10日、江戸川区スポーツセンターで2試合が行われた。第1試合はプレステージ・インターナショナルアランマーレが大阪スーペリアーズをストレートで下し、第2試合はブレス浜松がGSS東京サンビームズにフルセットの末、勝利した。

試合後の記者会見コメントは以下の通り。

■大阪スーペリアーズ

・坂根朱里選手

自分も含め、自分たちで崩れるのがいけないところで、そこが今日も出てしまった。流れ、自分たちのリズムを掴めていなかった。

――戦術的的に詰めが甘かったところなどは?

ネット側のボール、ブロックに当たった後の処理、ブロックフォローなど。

――ご自身のプレーとしてはどう感じますか?

セッターと合わせることができていなかったので、そこをもうちょっと詰めていかないと。合わなかった時に相手のコートに返す方法とか、そういうのも含めてミスにつながってしまった。

――2シーズン目ですが、昨シーズンとの手応えの違いなどは?

手応えのあるゲームのできるセットは去年より増えていると思うが、そこから自分たちで流れを掴んだり、崩れた状態を立て直すことができていないように思う。

――普段の練習時間は?

仕事を大事にするチームなので、練習開始時間が予定より過ぎてしまうこともあるが、そこを言い訳にはできないので…。内定選手も加わり、全部の練習に来てくれている選手もいて、チームの流れなどはわかり始めてくれていると思う。

――最後の試合に向けて。

とにかく勝ちたい。ファンの方もそう思ってくれているし、勝っていないのに声をかけてくれて本当にありがたいと思う。部長もバレー部の運営のために資金を作ってくれたり、本当にいろんな人に支えられているチームだと思うので、本当に勝ちたいというのしかない。自分たちのミスを出さない。Vリーグのチームでそんな目標は低いのかもしれないが、そこができないと勝ちには繋がらないので、絶対にそれで崩れないようにしたい。

・平上帆澄監督

今日はレセプションを相手のサーブで崩され、形も単調になってしまった。ブロックを利用した攻撃を目指していたが、相手にサーブで崩され、自分たちの展開に持っていけなかった。レセプションが返らず、単調な感じになってしまった。

――シーズン通じて勝てていないが、頑張りたいポイントは?

チームの中で考えて、外から言うことも大事だが、コートに入っている選手たちがもう少し、雰囲気も変わると中のプレーも全然変わると思う。

――そういう面は坂根選手などに期待している?

やはりキャプテンなので…。ただ、坂根も今はセンターで入っているので外れることもあり、キャプテンがいない時でも誰かが先頭になって引っ張っていかないといけないなと。

――勝ちには繋がらなかったものの、惜しいセットもあった。序盤は好調でも、終盤になると相手に逆転されてしまう原因は?

そうですね。そこをVリーグのチームは攻めてくるので、自分たちはそこが足りないと感じているところです。

――成長したところは?

メンバーが変わり、戦力となる選手も入ってきてくれている。去年は初めてでわからないことばっかりだったが、1年目の経験でわかってきたこともあり、その状態で試合に臨めたというのは大きい。しかし、バレーの中身が変わっていないというか、去年と同じでセットを取れそうで取れないなど、そこは自分たちが変えるしかない。選手たちとお互いに話をしながらそこをもう少し詰めていきたい。

――監督ご自身が現役に戻る気持ちは?

戻りたいんですけどね、ケガがなかったら。気持ちはずっとやりたいんで…私も(笑)

――プレイングマネージャーで見たいというファンもいるのでは?

(最近まで現役選手だったため)選手と近いところはあるので、お互いに言いたいことを言いやすい部分もある。そこをもっとうまくできればと思う。

――最後の試合に向けて、ファンへ。

残り1試合、セット 1点でも多く取れるように頑張りたい。毎回応援に来てくれている方もいるので、ストレート負けはしたくない。少しでもいいところを見てもらえるように、1点でも多く取れるように頑張りたいと思う。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック