パナ深津「接戦を勝ちきれたのは、天皇杯優勝と1位通過で自信がついたから」ジェイテクト西田「連敗したけれどチームは上げ調子。来週はいいパフォーマンスができると思う」 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>パナ深津「接戦を勝ちきれたのは、天皇杯優勝と1位通過で自信がついたから」ジェイテクト西田「連敗したけれどチームは上げ調子。来週はいいパフォーマンスができると思う」

会見・コメント

2018-02-13 12:00 追加

パナ深津「接戦を勝ちきれたのは、天皇杯優勝と1位通過で自信がついたから」ジェイテクト西田「連敗したけれどチームは上げ調子。来週はいいパフォーマンスができると思う」

ファイナル6パナソニックvsジェイテクト会見

V1リーグ 男子

パナソニックvsジェイテクト戦記者会見コメント

 

パナソニック

川村監督

凄く厳しい試合になったが、勝ててよかった。

 

――2セット目をとられ、3セット目も厳しい展開で、福澤選手をいったんベンチに下げましたが、途中で福澤選手にはどんな言葉をかけましたか。

いつでも出れる準備だけしておけと。そんなに言葉をかけなくても意図はわかってくれている。そこで、外からコートを見て、復調してくれた。また、途中で入った久原も流れを変えてくれて、いい仕事をしてくれた。

 

――試合の最初は土曜日と異なり、ゆるいサーブに見えたが。

強いサーブを打つようには言っていたのですが、そうならなかった。途中でもサーブを強くするように指示した。

 

深津英臣

ジェイテクトさんがすごくいいバレーをしたけど、最後勝ちきれてよかったです。

 

清水邦広

本当にこちらが受け身になってしまった部分が多かった。とりきれなかったセットもあったが、最後に勝ちきれたことは本当に良かった。

 

――来週までの課題。

深津

個人的には、かなりデータをとられてブロックをはめられたので、自分自身をもう一度研究し直したい。チームとしては、リベロにサーブを打ってしまった。まずは自分のいいサーブを打つことを徹底していきたい。

清水

JTさんとサントリーさんと試合するんですけど、同じような戦い方ではなく、しっかりと分析をして、相手の嫌なバレーをしたい。今日はまとが絞りきれなくてこうなってしまった。

 

――どのセットも4セット目以外接戦になったが、取り切れたのは。

深津

天皇杯優勝して1位通過したという自信ですね。リードして追いつかれて逆転という場面もあったが、焦りがなかった。自分たちのバレーを追求できてよかった。

 

清水

こういう展開にしてしまったのは、自分たちの責任。組織力で勝てた。いいバレーをできるよう心がけたい。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック