全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>あと一歩だった豊田合成 高松卓矢「……言うことはないです」

会見・コメント

2018-03-21 20:43 追加

あと一歩だった豊田合成 高松卓矢「……言うことはないです」

グランドファイナル豊田合成会見コメント

V・プレミアリーグ 男子

グランドファイナル記者会見 豊田合成

高松卓矢

(ため息と沈黙が20秒ほど続く)いや、言うことはないです。

 

古賀幸一郎

よくやったのかなとも思いますし、チームとして、今日だけではなくて、イゴールがいなかったり、ファイナルステージでイゴールが怪我してコートから抜けたりしても、お互いがお互いを足りないところをしっかり補いながら最終的にはものすごい良いチームになったと思う。今年の準優勝に関しては大変誇りに思えるのではないかと思う。

 

傳田亮太

素直に悔しいのが一つありますが、その中でも自分たちのやってきたことは間違ってなかったと思うし、言い出したらきりがないと思うけど、その中でもいいプレーもいっぱいあったし、チームとしても最後に一つになれた試合ができたので、その辺はいいと思う。

 

前田一誠

今日の試合に入る前にチーム全員で持てる力を全て出そうと話し合ってゲームに入って、どっちに転んでもおかしくない試合だった。そこでうちが勝ちきれなかったのは、またしっかり来年への教材としてしっかりつかって、自分たちの成長の糧にしていこうと思う。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック