全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>Vリーグオールスターゲーム女子大会 V・プレミアリーグ 栗原恵「懐かしい感覚がよみがえりました」、長岡望悠「ファンの皆さんに元気な姿をお見せしたかった」

会見・コメント

2018-03-28 23:37 追加

Vリーグオールスターゲーム女子大会 V・プレミアリーグ 栗原恵「懐かしい感覚がよみがえりました」、長岡望悠「ファンの皆さんに元気な姿をお見せしたかった」

Vリーグオールスターゲーム女子大会 会見コメント V・プレミアリーグ編

V・プレミアリーグ 女子

 3月24日に行われたVリーグオールスターゲーム女子大会、第2試合はV・プレミアリーグの選手たちがTeamブイリー(Vリーグオフィシャルマスコットキャラクター)とTeamはねぴょん(大田区公式PRキャラクター)の2チームに分かれて対戦した。

 第1試合のV・チャレンジリーグ同様、終始和やかな雰囲気で試合が進行したのはもちろん、選手たちが自ら趣向を凝らしたパフォーマンスも披露した。

 まずは、Teamブイリーの島村春世(NEC)、金杉由香(JT)、黒後愛(東レ)の3選手がお互いのユニフォームを交換して登場。
 写真左から金杉が島村、黒後が金杉、島村が黒後となり、試合がスタート。

 スパイクを決めた選手はコート上でパフォーマンス。それを盛り上げる周りの選手たち。Teamブイリーのネリマン,ゲンシュレック選手(トヨタ車体)もノリノリ。
 

 Teamはねぴょんは、はねぴょんにちなんで、羽田で飛行機が飛ぶイメージのパフォーマンスを。写真は奥村麻依選手(JT)。

 そして、チャレンジリーグ同様、監督、コーチ陣や解説の迫田さおりさんなどもコートに。ケガから復帰の長岡望悠選手(久光製薬)が監督役を務めたり、サーブで久々にコートに立つシーンも見られ、会場からは歓声があがった。写真はTeamはねぴょんで采配を振るった酒井新悟監督(久光製薬)とTeamブイリーでコーチを務めた多治見麻子監督(トヨタ車体)の登場シーン。

 試合の結果は、セットカウント2-1で、チャレンジリーグに続いて、Teamはねぴょんの勝利となった。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック