全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>黒鷲旗男子準決勝会見 パナソニック・クビアク「プレッシャーは全くない。明日は3冠を実際に実現できる日」

会見・コメント

2018-05-08 14:23 追加

黒鷲旗男子準決勝会見 パナソニック・クビアク「プレッシャーは全くない。明日は3冠を実際に実現できる日」

黒鷲旗男子準決勝パナソニック会見

V・プレミアリーグ 男子

黒鷲旗男子準決勝

パナソニック3-1東レ

 

パナソニック会見

川村慎二監督

厳しい戦いになるかなという想定はしていたんですけれども まあまさに本当に厳しい戦いになったのかなとその中で、 しっかり最後まで勝ちにこだわって勝てた ことは明日にも繋がる勝利かなと思います。

 

――大竹選手について。ドイツで速いトスを打てるようになってきていることから今のパナソニックでのバレーに順応していると言えるでしょうか。

 

川村監督:速いトスですか? どちらかと言うとこちらに来てからトスを少し高めにしています。打ち切れていない状態が多かったので。うちに来てまだ練習期間が短いので、まずは高いところから。セッターも28日に全日本合宿が終わったばかりですので、大会前日の会場練習しかあわせられていません。今は高いトスにしているつもりですが、低く見えます?

 

――大学のときよりは。

 

川村監督:ああ、そういうことですか。それはあるかもしれないですね。高さのある選手なのでそれを活かす高いトスをあげようとは言っています。

 

――3冠を狙う最後の試合を控えて、この大会でのチームの雰囲気はいかがですか。

 

川村監督:雰囲気はすごくいいと思います。日に日にいろんなメンバーを出しながらでもいいチームにまとまってきています。

 

――大竹選手については。

 

川村監督:こちらは暖かく受けれて思い切りやれよと言うだけです。プレッシャーを与えることもないですし、大竹は大竹で新人らしく思い切りやってくれたら、カバーしてくれるのはベテラン選手たちなので、それがうまく回っていると思います。

(ここで大竹壱青選手が入室)

今褒め終わったところやぞ(笑)

 

――今日は久原翼選手がスタートでしたが。

 

川村監督:まあ連戦ですからね。いろんなメンバーを出して疲れを分散していかないといけないかなと思っています。

 

――明日は不安なく?

 

川村監督:いや、数え切れないほど不安はありますよ(笑)。言えないですけれど。今シーズンラストの試合まで残れたことに非常に嬉しく思っておりますし、3巻という言葉も出ますけれども、今狙えるのはうちだけなので、しっかりと戦い抜きたいと思います。

 

――クビアクの評価を。

 

川村監督:僕が今評価するんですか?(笑)ご覧の通りだと思っているんですけれども。本当に素晴らしい選手だと思っています。 苦しい場面で頼りになる。2年目で信頼感を得ている。クビアクがミスをしても、こちらは割り切れる。それくらいの信頼感を持っています。そういうところがチームにとってとてもプラスになっていると思います。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事