ネーションズリーグ男子 ポーランド戦コメント フィタル・ヘイネン監督「西田がポーランドパスポートを持ってないのが残念(笑)」 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>ネーションズリーグ男子 ポーランド戦コメント フィタル・ヘイネン監督「西田がポーランドパスポートを持ってないのが残念(笑)」

トピックス

2018-06-10 11:00 追加

ネーションズリーグ男子 ポーランド戦コメント フィタル・ヘイネン監督「西田がポーランドパスポートを持ってないのが残念(笑)」

ネーションズリーグ男子 ポーランド戦コメント

Others / 全日本代表 男子

 バレーボールネーションズリーグ男子予選ラウンド大阪大会第2戦、日本はポーランドと対戦し、0-3(16-25、21-25、20-25)で敗れた。日本は予選ラウンド通算3勝5敗に。ポーランド代表のフィタル・ヘイネン監督の会見コメントをお届けする。

(この会見に先立ち、ポーランド代表主将のマテウシュ・ビエニエクが西田有志についての感想を求められていたのを引き合いにして)
もう一度同じ質問をしてください。私が彼に対して残念に思うのは、ポーランドのパスポートを持っていないことです(笑)

コンニチハ、ミナサン。これからこの会見場で今からコメントすることには、少し恐れを抱いております。なぜなら、皆さんのホームでの日本戦についてのコメントだからです。今日は非常に良いゲームだった。日本はクレバーでそこまで多くのミスを犯さないチームです。そして、非常に良いサーバーを多くチームに持っている。非常に良いゲームだったと思う。日本は良い試合をしたと思いますが、ただ、ポーランドが日本より良いプレーをした。それが今日の勝利だ。

(質疑応答)

――第2セット、第3セットそれぞれの終盤で、ポーランドが劣勢の状況でも、連続失点をしている状況でもないのに、西田選手にサーブが回った時にタイムアウトをとりました。なぜでしょうか。

ヘイネン監督(以下、監督):なぜ劣勢でもない場面でタイムアウトを取ったかの理由についてですが、問題が起こってからタイムアウトを取るのは、もう時期が遅いということがあるから。西田選手のサーブは非常に良いので、その前にタイムアウトの時間をとって、対策をしっかり練ることを狙いました。

経験者だとわかると思うが、タイムアウト直後のサーブは緊張感があって打ちにくいものがある。ですので、西田選手の前でタイムアウトをとって、圧力をかけた形にしたかった。ちょっとしゃべりすぎたかな?(笑)
(補足:実際、西田選手はその場面でサーブミスをした)

――続けて、関連して聞きます。そのタイムアウトの取り方を見て、なんとしても3セットで試合をとる。ストレートで勝ちたかったのかなと感じました。

監督:もちろんストレート勝ちすることが重要なことで、勝つためには、チャレンジとかイエローカードとか全ての手段を用いて、ストレート勝ちするためにつくしていきます。

――改めて、西田選手の印象を伺ってよろしいでしょうか?

監督:すでにコメントは終えたよ(笑)西田選手の印象は非常に面白い選手だと思っています。今、現段階でも若いですし、背も低いので、フィジカルの面での問題を私は心配しています。
この2日間のゲームで、スパイクを打つたびに高いジャンプをしておりますし、酷使しております。しっかり体のケアをしてほしいと思う。私は彼が22歳、23歳になった時が重要だと思っている。今はとにかく体のケアを中心に行って欲しいと思います。

――監督はこのポーランドチームにどんなエッセンスを与えたいですか?

監督:エッセンスを与えるということよりは、まずはチームのことを学ぶことから取り組んでいる。今我々には21人のプレーヤーがいるので、お互いに知ること。

――ウィルフレド・レオンはいつポーランド代表に加わりますか?(注:レオンはキューバ代表の名選手で、ポーランド人女性と結婚してポーランド市民権を有する。現在ポーランド代表入りを希望して調整中)

監督:来年7月24日から彼はプレーする。

――では、今年の世界選手権は無理?

監督:そうですね。

――先ほど会見で、西田選手のような18歳の選手はケアが必要と言っていましたが、もしあなたなら18歳の選手をどう扱いますか?

監督:気をつけて気をつける。18歳はとてもとても若い。もし毎日ジャンプしていたら、ケアが必要だ。18歳はとても若い。私はこのことについてはあまり話したくない。

――どれくらいのペースで出しますか?

監督:ポーランドの選手でも15試合中7試合以上は出さない。皆プレーする。現時点で15試合戦って、7試合出している選手はいない。私だったら休ませる。

文・写真:大塚淳史


写真:FIVB

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック