全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>全日本男子、福澤、大竹らの活躍でセットを先取するも、セルビアに1-3で敗れる ネーションズL

トピックス

2018-06-24 04:32 追加

全日本男子、福澤、大竹らの活躍でセットを先取するも、セルビアに1-3で敗れる ネーションズL

ネーションズリーグ男子 予選ラウンドの結果

全日本代表 男子

 ネーションズリーグ男子予選ラウンド第5週・第2戦が23日、中国の江門で行われ、日本はセルビアと対戦。1-3(28-26、33-35、21-25、18-25)で敗れた。日本の通算成績は6勝8敗。
 次戦は最終戦となり、同じ会場で24日(日)、16時(日本時間17時)からカナダと対戦する。

 セルビア戦のスターティングメンバーは、西田有志、李 博、福澤達哉、柳田将洋、山内晶大、藤井直伸、井手 智。

 第1セット序盤、個人技術の高いセルビアに切り返しのスパイクやブロックを決められ、日本がスパイクミスを出し、0-4でタイムアウトを取る。日本のスパイクがなかなか通らず、セルビアの一方的な展開となり、1-8でテクニカルタイムアウトに。

 セッターを関田誠大に代え、ようやく柳田、福澤のスパイクが決まりだし、7-11でセルビアがタイムアウトを要求。日本は徐々にリズムを取り戻し、切り返しから福澤の豪快なパイプが決まり、9-12とするが、クイックが押さえ込まれ、11-16となり、2回目のテクニカルタイムアウトを迎えた。

 お互い点の取り合いとなり、西田に代わった大竹壱青の技ありのスパイクや福澤の連続サービスエースで19-20とし、セルビアが2回目のタイムアウトを取る。だが、日本がスパイクを決めきれず、連続失点となって、19-22で2回目タイムアウト。ここで李の起死回生の連続サービスエースで、22-22と追いつく。福澤のパイプで23-23、お互いのサーブミスで24-24のジュースとなる。大竹が難しい体勢から豪快なバックアタックを決め、27-26でセットポイント。最後も大竹がラリーを決めきり、28-26でセットを先取する。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック