二見/長谷川組、石井/村上組ら女子4チームが決勝トーナメント2回戦に進出 ビーチバレーボールワールドツアー2018 3-star 東京大会 | バレーボールマガジン

全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>二見/長谷川組、石井/村上組ら女子4チームが決勝トーナメント2回戦に進出 ビーチバレーボールワールドツアー2018 3-star 東京大会

トピックス

2018-07-28 09:55 追加

二見/長谷川組、石井/村上組ら女子4チームが決勝トーナメント2回戦に進出 ビーチバレーボールワールドツアー2018 3-star 東京大会

FIVB ビーチバレーボールワールドツアー2018 3-star 東京大会の結果

ビーチバレー

 FIVB ビーチバレーボールワールドツアー2018 3-star 東京大会は、27日、THE ODAIBA 2018 内「ビーチバレーボール」特設会場で本戦・プール戦、決勝トーナメントの試合が行われた。

 男子は前日に本戦・プール戦を終え、唯一勝ち残った石島雄介/高橋巧組がタイのI.Nuttanon/P.Sedtawat組と対戦。1セット目を先取したものの、2セット目を落とし、フルセットに。3セット目もジュースにもつれ込む接戦となったが、惜しくも1-2(21-18、16-21、14-16)で敗れた。これにより、男子は全チームが姿を消した。

 一方の女子は、初戦を突破した石井美樹/村上めぐみ組がウィナーマッチに臨むが、ポーランドのGruszczynska/Gromadowska組に1-2(21-17、16-21、14-16)で惜しくも敗れる。そして、前日の試合に敗れ、ルーザーマッチに挑んだ二見梓/長谷川暁子組ら6チームはいずれも勝利し、計7チームは決勝トーナメント1回戦に進む。
 決勝トーナメント1回戦では、7チーム中、石井/村上組、二見/長谷川組、鈴木千代/村上礼華組、永田唯/熊田美愛組の4チームが勝利し、決勝トーナメント2回戦に駒を進めた。

 28日は、女子決勝トーナメント2回戦と男子の準々決勝が行われる予定(台風の影響がある場合、プログラムの途中で中止する場合あり)。


写真:FIVB

 

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事