全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>男子は髙橋/石島組、女子は石井/村上組が年間王者の座に。ジャパンビーチバレーボールツアー2018 ファイナル グランフロント大阪大会

トピックス

2018-09-24 17:33 追加

男子は髙橋/石島組、女子は石井/村上組が年間王者の座に。ジャパンビーチバレーボールツアー2018 ファイナル グランフロント大阪大会

ジャパンビーチバレーボールツアー2018 ファイナル グランフロント大阪大会の結果

ビーチバレー

 「ジャパンビーチバレーボールツアー2018 ファイナル グランフロント大阪大会」は22・23日の2日間、グランフロント大阪うめきた広場 特設コート、毛馬桜之宮公園 大阪ふれあいの水辺(ともに大阪府大阪市、桜ノ宮会場は22日のみ)で開催。年間王者も決まる今シーズン最後のジャパンビーチバレーボールツアー大会でもあるため、注目を集めた。

 女子決勝は、溝江明香/橋本涼加組と、石井美樹/村上めぐみ組が対戦。今シーズン、国内で勝ち続けている石井/村上組がストレート(21-13、21-17)で勝利し、優勝。チームとして3連覇を達成した。
 一方の男子決勝は、髙橋巧/石島雄介組と上場雄也/永井雄太組が対戦。髙橋/石島組が2-1(21-17、21-23、15-11)で勝利し、高橋は個人として大会4連覇、石島は初優勝を飾った。
 この結果により、男子は高橋/石島、女子は石井/村上の各チームが年間王者の座を手にした。

 最終順位(3位まで)は、以下の通り。

【男子】
 1位:髙橋巧/石島雄介
 2位:上場雄也/永井雄太
 3位:畑辺純希/西村晃一、清水啓輔/長谷川徳海

【女子】
 1位:石井美樹/村上めぐみ
 2位:溝江明香/橋本涼加
 3位:鈴木千代/村上礼華、永田唯/熊田美愛

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事