全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>ゲームレポート>第58回黒鷲旗大会東レ対堺戦

ゲームレポート

2009-05-05 23:23 追加

第58回黒鷲旗大会東レ対堺戦

東レのブロックの良さが全面に出たゲーム。 1セット目終盤までは堺がリードする展開だったが、富松に代わって入った高杉のサーブが走り、連続得点で逆転。そのままの勢いで東レがこのセットを獲得し、2,3セットは常に東レがリードを

V・プレミアリーグ 男子

東レのブロックの良さが全面に出たゲーム。
1セット目終盤までは堺がリードする展開だったが、富松に代わって入った高杉のサーブが走り、連続得点で逆転。そのままの勢いで東レがこのセットを獲得し、2,3セットは常に東レがリードを守り、キルブロックだけでなく、ワンタッチでかけてから切り返すパターンでも得点が多く出て、堺につけ込む隙を与えなかった。

このゲームが最後の采配となった中垣内監督が胴上げされかけたが、全速力でその場を離れるというハプニングがあった。
中垣内監督曰く「負けて胴上げはかっこわるいと思ったから」。

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> ゲームレポートのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック