全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>NEC・柳田光綺「第5セットは競っていても嫌な感覚がなかった」 埼玉上尾・山岸あかね「自分たちがやりたいバレーをできた」 V1リーグ女子1/26(川崎)記者会見コメント

会見・コメント

2019-01-30 08:00 追加

NEC・柳田光綺「第5セットは競っていても嫌な感覚がなかった」 埼玉上尾・山岸あかね「自分たちがやりたいバレーをできた」 V1リーグ女子1/26(川崎)記者会見コメント

V1リーグ女子(1/26川崎市とどろきアリーナ)会見コメント

V1リーグ 女子

1月26日に川崎市とどろきアリーナで行われたNEC対日立、久光製薬対埼玉上尾の試合後の記者会見コメントをお届けする。

NEC 3(25-20、23-25、25-23、20-25、15-10)2 日立

■日立リヴァーレ

●佐藤美弥主将

今日の試合はフルセットという形にはなりましたが、自分たちの拾って粘ってそこからコンビを展開していくというバレーが全然できないまま終わってしまったという印象があるので、 そこは明日に向けて修正し、また自分たちのバレーで勝負できるようにしていきたいと思います。

――苦しかったローテはありましたか?

佐藤:S2の最後に当たっていたローテで、ミドルをうまく活かせなかったので、どうしてもサイドにマークが寄るというシーンが多く、そこをサイドの選手はよく抜いてくれていましたが、負担をかけすぎてしまったという印象が残っています。

―― ゲームの入りはどうでしたか?

佐藤: 今週の2戦はとても大事な試合だという話をして臨んでいて、硬さが出たのか、いつもより構えてしまい、勢いが出しきれなかったというふうには感じています。

――フルセットに入った時点で「行ける」という手応えはありましたか?

佐藤:行けるという感覚よりかは、「これを掴まなければいけない」という意識の方が強かったです。

――日本代表を経験したことにより、トス回しで意識するようになったことがあれば教えてください。

佐藤:代表でのトス回しと日立でのトス回しとは違う部分があると思うので、今日のように偏らずに全員をうまく活かすという部分を日立ではもっと作っていかなければならないと思っています。でも、どちらにも共通して言えるのは、試合の流れであったり、状況判断という部分は しっかりして、なるべく自分たちに有利な状況を作っていこうというふうに思っています。

――入澤まい選手について。活躍しているが、どのようなトスを意識して上げていますか?

佐藤:高さがあり、そこを生かせば相手にとっても嫌な存在になると思うので、打数を多く上げて自信をつけてもらいたいですし、私自身も彼女の攻撃を頼りにしながら組み立てています。

●角田博文監督

今日の試合はNECさんのホームゲームということで、先週の佐賀でも久光製薬さんとホームゲームを戦いましたが、こちらのリズムが出ていても、応援がないと調子がいいのか悪いのかよくわからない感じがありました。リードしていても自分たちのリズムになっているのかどうかわからないような感じだったので、これまでフルセットで勝ってきた中でうちの応援団の力というのは大きかったんだなと改めて感じました。やはり、そういう力を借りずに勝てればいいのですが…。(アウェイの状況であっても)もう一度流れを引き込むプレーができるようにならなければと思います。
あとは自チームのコンビネーションが噛み合ってくると、もう少し面白いチームになるのではないかと思っております。

―― コンビネーションが噛み合ってくるというのは具体的にどのようなプレーになりますか?

角田:センターですね。

――入澤選手の評価について。彼女の活躍をどう見ていますか?

角田:もう少し打数を増やせればと思います。特にラリー中ですね。 攻撃に入ってはいますが、本当にセッターとの呼吸が合っているのかどうか。ただ何となく入っているのか、 本当に打つ気で入っているのか?  本当に打つ気で入るようになればもっともっと伸びていくと思うのですが、その辺のところは課題です。

――リベロについて。昨年末の段階では斎藤加奈子選手一本で小池杏菜選手をレシーバー起用する形だったと思いますが、現在はレセプションリベロとディグリベロという形の起用方法になっています。その意図と両リベロの評価を教えてください。

角田: 小池の調子が上がってきているので、 リベロとして使ってみたいというところです。 評価としては、斎藤のサーブレシーブが崩されている時があったので、そこはもう一度頑張ってもらわないと。 小池に関しては、フェイントフォローをきちんと返したりとか、 細いプレーができているので、 継続してやってもらいたいと思っています。

――サーブが効果的に決まっていましたが、どのような狙いで作戦を立てていましたか?

角田:ターゲットの選手を決めて狙いに行っています。それをカバーしてきたら逆をつくとか。 そのような感じで崩せればと。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事