全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>青山学院大がデンソーにフルセットで競り勝つ。東レ、JT、NECなどは順当勝ち 黒鷲旗女子5月1日結果

トピックス

2019-05-02 00:09 追加

青山学院大がデンソーにフルセットで競り勝つ。東レ、JT、NECなどは順当勝ち 黒鷲旗女子5月1日結果

黒鷲旗女子の結果

V1リーグ 女子 / V2リーグ 女子 / 大学バレー 女子 / 高校バレー 女子

デンソーをフルセットの末下した青山学院大

 第68回黒鷲旗全日本男女選抜大会は1日、丸善インテックアリーナ大阪で開幕。女子の初日はグループ戦の8試合が行われた。

 青山学院大がデンソーをフルセットで破るという大金星もあった。秋山美幸監督の試合後のコメントは以下の通り。

秋山美幸監督(青山学院大)

 企業チームと戦えるせっかくの機会。大学リーグでも課題になっていた攻める姿勢を最初から出そうと今回挑んだ。最初の2セットを取れたのは学生たちがそういうところを頑張ってやってくれたからだと思う。
 2セットを取り返されたが、もう一回立て直せたというところは彼女たちの成長だなと思う。センター線を競った状況でも使えたのが良かった。

【5月1日の試合結果】
JTマーヴェラス 3-0 金蘭会高等学校
東レアローズ 3-0 下北沢成徳高等学校
日立リヴァーレ 3-2 PFUブルーキャッツ
岡山シーガルズ 3-0 筑波大学
トヨタ車体クインシーズ 3-1 ヴィクトリーナ 姫路
NECレッドロケッツ 3-0 松蔭大学
デンソーエアリービーズ 2-3 青山学院大学
埼玉上尾メディックス 3-1 KUROBEアクアフェアリーズ

 JTのルーキー西川有喜はデビュー戦が母校の金蘭会高校との対戦で、妹の西川吉野との姉妹対決にもなったが、ストレートで勝利した。同様に東レのルーキー・石川真佑、野呂加南子、大崎琴未も母校の下北沢成徳高校と対戦。第1セットは下北沢成徳高が23点まで追い詰めるなど健闘したが、東レがストレート勝ちをおさめた。

写真:堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック