全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>埼玉上尾がNECとKUROBEを下し、現在首位。2019V・サマーリーグ女子東部大会2日目

トピックス

2019-07-07 02:14 追加

埼玉上尾がNECとKUROBEを下し、現在首位。2019V・サマーリーグ女子東部大会2日目

2019V・サマーリーグ東部大会の結果

V1リーグ 女子 / V2リーグ 女子

1位グループで現在1勝1敗のNEC

 2019V・サマーリーグ女子東部大会は6日、秩父宮記念体育館(神奈川県藤沢市)で第2日目の試合が行われた。第2日目は順位決定戦で、前日行われた予選グループ戦の結果をもとに編成された1位グループから3位グループまでのグループごとに試合が行われた。(試合はすべて3セットマッチ)

 1位グループは、埼玉上尾がNECとKUROBEを破り、現在首位。初参戦のルートインホテルズもNECから1セットを奪うなど善戦した。
 2位グループでは、大学選抜チームがV2リーグのアランマーレをストレートで下し、V1リーグの日立にはストレートで敗れたものの、第1セットがジュースになるなど粘りを見せた。3位グループは、V2の群馬銀行がV1のPFUに2セットとも15点以下に抑える形で快勝した。

 7日は、順位決定戦の残り6試合が行われ、全試合終了後に最終順位が決定する。

上坂瑠子選手(日立)

写真:堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック