全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>男女とも前年の覇者、早稲田大、筑波大が4強 全日本インカレ

トピックス

2019-11-29 18:20 追加

男女とも前年の覇者、早稲田大、筑波大が4強 全日本インカレ

全日本インカレ 準々決勝の結果

大学バレー 女子 / 大学バレー 男子

 男子72、女子66回の秩父宮賜杯全日本バレーボール大学選手権大会第4日は29日、男子は墨田区総合体育館、女子は大田区総合体育館でそれぞれ準々決勝戦を行い、女子では福岡大(九州学連)が関東学連勢の一角を崩してベスト4へ進み、男子は関東勢が独占しました。

 男女とも前年の優勝校対準優勝校の対決となったこの日、いずれも優勝校の早稲田大と筑波大が快勝しました。30日の準決勝戦は男女とも大田区総合体育館で行われますが、女子の九州と関東の秋季リーグ戦1位対決、福岡大vs東海大戦に注目が集まります。V3を目指す早稲田大は中央大と、V2を狙う筑波大は順天堂大と対戦します。

[準々決勝戦]
▽男子
早稲田大3-0福山平成大
中央大3-2明治大
東海大3-1順天堂大
筑波大3-0東亜大
▽女子
福岡大3-0日本女子体育大
東海大3-0京都橘大
筑波大3-1青山学院大
順天堂大3-1日本体育大

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事