全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>JT・小幡真子「3セット目を踏ん張れたのは神様からのプレゼント」、埼玉上尾・吉野優理「準備をしてきたつもりだったが、何もさせてもらえなかった」

会見・コメント

2020-01-26 08:45 追加

JT・小幡真子「3セット目を踏ん張れたのは神様からのプレゼント」、埼玉上尾・吉野優理「準備をしてきたつもりだったが、何もさせてもらえなかった」

V1女子セミファイナル JT対埼玉上尾 記者会見コメント

V1リーグ 女子

 1月25日に国立代々木競技場第一体育館(東京都)で行われたV・ファイナルステージ セミファイナル第2試合、JT対埼玉上尾の記者会見コメントをお届けする。

JT 3(25-16、25-18、25-22)0 埼玉上尾

■埼玉上尾メディックス

●井上美咲主将

序盤の出だしがあまりよくなくて、中盤にかけて相手の攻撃に対応できたと思っていたのですが、それを上回る攻撃力でやられてしまったのかなと。とても悔しい結果です。

●山岸あかね選手

今日は自分たちのバレーというものが何もできずに終わってしまい、本当に悔しいです。

●吉野優理選手

この試合に向けてチームで準備をしてきたつもりではいたのですが、個人的にもチーム的にも本当に何もさせてもらえませんでした。すごく申し訳ない気持ちもありますし、明日の試合は切り替えて頑張りたいと思います。

●吉田敏明監督

完敗です。うちのミスが出て、浮足立ったまま終わったなと。残念な気持ちです。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事