全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>星野主将「連敗続きの中久しぶりの出番でしっかり勝とうと入った」篠田監督「ヌルムルキ選手を対策したい」東レ会見

会見・コメント

2021-02-20 12:31 追加

星野主将「連敗続きの中久しぶりの出番でしっかり勝とうと入った」篠田監督「ヌルムルキ選手を対策したい」東レ会見

東レ会見

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGIE DIVISION1MEN 2/19に松本市総合体育館で行われたVC長野対東レの会見コメントをお届けする。

VC長野1(20-25、20-25、25-22、15-25)3東レ

■東レアローズ
●星野秀知選手
チーム的に連敗が続いてたんですけど、切り替えて前面に気持ちを出して戦えました。1セット取られちゃったんですけど、比較的攻めていけたかなと。
明日もしっかり攻め続ける…サントリー戦もそうなんですけど、負けちゃったけど攻める姿勢って大事なことだと思うので気持ちで押していけるように、明日も頑張りたいと思います。

●峯村雄大選手
3-1っていう結果だったんですけど、ミーティングとかでやってきた、やらなきゃいけないプレーがしっかりできてたと思う。今日夜遅いんですけど、明日のためにしっかり準備してまた頑張っていきたいと思います。

●鈴木悠二選手
金曜の試合だしナイターだしでやりにくいこともあったんですけど、しっかり良く入れて攻めれたので良かったです。

●篠田歩監督
今シーズン初めて夜7:30からで、調整がいつもと違って午前中動いてこの試合にきて。VC長野さんのホームだったので、セットの入りは気を付けようって言ってたんですけども。最初こっちのコンビミスとか、将馬がサボってしまってパイプ入らないとか、タッチネットとかあったんですが、うちのサーブがどんどん効いてきて相手を圧倒できたかなと思っています。
ですが、3セット目ヌルムルキ選手に結構決められてしまったので、明日そこをどう止めていくかっていうのがポイントになってくると思います。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事