全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>落合一貴「またチャンスがもらえるよう頑張りたい」篠田監督「VC長野さんのブロックディエフェンスがよかった」東レ会見

会見・コメント

2021-02-26 18:52 追加

落合一貴「またチャンスがもらえるよう頑張りたい」篠田監督「VC長野さんのブロックディエフェンスがよかった」東レ会見

東レ会見

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVISION1MEN 2/20、松本市民体育館で行われた、VC長野対東レの会見コメントをお届けする。

VC長野1(22-25、41-43、27-25、27-29)3東レ

■東レアローズ
●酒井啓輔選手
今シーズン二回目のスタメンでの出場になるんですけど、最初の1セット目は結構緊張して試合に入ってしまったんですけど、周りのスタメンで出てる人達が助けてくれたりしたおかげで、2セット目以降自分のバレーができたんじゃないかなと思います。途中でああいう風に怪我をして去ることになってしまったので、そこは自分の力不足かなと。そういうことをなくしていかないと試合をフルで戦うことは厳しい。そういうところに打ち勝つメンタルだったり体だったりをこれから鍛えていきたいと思います。

●落合一貴選手
普段外から観てることが多かったんですけど、今日は難しい試合でよく勝ったんじゃないかと思いました。皆が出る中で普段結果出してる人が出せなかったりとか…富松さんとかは結構安定して結果を出してくれてますけど、そういう人が最後コートに入ってその結果が4セット目だったのかなと。僕は今日まだハマれてなかったので、またチャンス貰えるように頑張って、次入った時は結果出せるようにしないといけないなと思いました。

●富田将馬選手
今日は酒井さんがセッターということで、普段から入っている自分達が引っ張っていかないといけないというのを感じた試合で、それができたんじゃないかなと思います。

●篠田歩監督
VC長野さんのブロックとディフェンスがすごく良かったなあと。そこで苦しめられてしまいました。
ただ、後半リザーブの選手達がチームを何とか建て直してくれたおかげで勝てたかなと思ってます。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック