全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>黒鷲旗準決勝 デンソー会見コメント

会見・コメント

2014-05-06 00:35 追加

黒鷲旗準決勝 デンソー会見コメント

デンソー会見コメント

V・チャレンジリーグ 女子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 井上香織 今季を振り返って チャレンジリーグでは自分たちのミスが出た時でも相手にストレートで勝てる試合が多かったが、この大会ではそうはいかなかった。競り合った時に勝ちきることができなかった。ディフェンス面で、まだプレミアのチームでは通用しない。チームとして全員でしかけるようにしなければ。私たちはプレミアリーグで優勝することが目標なので。今日の試合は納得がいってない。

佐野優子 シーズンを振り返って リーグ途中の加入ということで難しかったけど、チーム自体が一人一人が本当になじみやすくて、私自身の力もだしやすかった。まだまだ上に行けるチームですし、常にタイトルを狙えるチームにしていけたらと思います。

辻監督 チャレンジマッチのあとチームのコンディションを整え、毎試合どう試合を進めるか苦しんだ大会でした。1セット目のリードを勝ちきれなかったのはすごく大きかった。終始相手のロングサーブに対して上手くいかずに対応できなかったのが敗因。選手達も言いましたが、チャレンジリーグでやってきて、なかなか競った試合ができなかった。連戦での体力的な消耗など、まだまだたくさんの課題があった。 目指していたところは優勝だったので課題ということが残るが、今季はプレミアリーグに昇格することを目標にしてきましたし、手応えはつかめた大会だった。体力的なところでは、佐野や井上らベテランはよかったが、中堅がしっかりしてくるともっと力が発揮できる。セッター転向一年目の ベテランの栄えにしても課題が最後に出てしまった。もてる可能性は感じている。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック