全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>加藤陽一 地上の星 第3部APPENDIX編

インタビュー

2014-09-02 12:13 追加

加藤陽一 地上の星 第3部APPENDIX編

加藤陽一引退記事 周辺談話

V・チャレンジリーグ 男子

nisikato西村晃一さん(元全日本・ビーチバレー選手)
全日本の頃、一緒ににプレイしてこの選手は本当に凄いなと思って。自分が本当にリベロに徹することが出来なかったときに加藤を見て、こんな良いアタッカーがいるんだ! と思って。自分のアタッカーとしての気持ちを抑える事ができたのは加藤のおかげです、実は。だからスパイクは加藤に託そうと、全日本にいたときには僕は思ってました。それぐらい加藤があるモードに入った時というのは本当に凄かった。だからもうちょっと彼とは一緒に世界でプレイしたかったなと。
あとはプライベートでもよく地方で飲んで、僕もたいがいお酒が強かったんですけど(今は飲まないけど)、飲みっぷりを見てこれはかなわないなと思ったのは加藤でした。そしてカラオケが大好き。当時は口数がすごく少なくて、多くは何も語らずに、だけどバレーの事に関しては本当に一生懸命で真面目で。ただカラオケを一人で8曲くらい連続で入れてる姿は誰も想像つかないでしょう。そんな加藤が大好きです。長い間お疲れ様でした。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA朝日健太郎さん(元全日本・解説者)

僕が集約すると非常になんというか、彼のバレー観も大きく変わったんだなぁと。どういうことかというと、僕と一緒にプレイしてる時は、年齢も若かったし、淡々と自分のペースでやっていたのが、十数年時を経ると、逆に自分が一番先頭で引っ張っていくような選手になったんだなぁというのを聞いて、非常に時間の経過を感じてですね。最後の試合を見たかったなぁという思いも、見れなかったのは残念だったんですけど。ぜひその話をそのあたりの話を加藤と会ってしたいなぁというのが今の思いです。熱いうちにね。まだ余韻がきっと残っているでしょうから。そんな気持ちですかね。

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック