全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>コラム>「大田区へようこそ!」――NECレッドロケッツ、ホームゲームイベントを振り返って

コラム

2018-02-05 17:00 追加

「大田区へようこそ!」――NECレッドロケッツ、ホームゲームイベントを振り返って

Others / V1リーグ 女子

 9人制の特色として、サーブが2回打てます。猶予があるので1回目のサーブは気持ちよく外した選手も多かったと記憶しています。

 背後から味方のサーブが前衛のアタッカーに襲い掛かるという新手の背・後・攻・撃(バックアタック?)も目撃いたしました。現役のチームは積極的に後ろから飛んでいますが、先輩方のバックアタックは一味(意味も)違うようです。バックアタックもまたイベントならではですね。

背後からの攻撃に備える近江あかりさん

 1セット(1試合目)終了後、少しインターバルが設けられました。なぜかコートに直座りされる選手が多数。

 このインターバルで放送席に呼び出された近江あかりさん。マイクを手渡され、挨拶を促されます。

「大田区へようこそー!」
場内のファンに向けて、現役時代と何ら変わらない爽やかな笑顔。やはり絵になります。
 ところでこのご挨拶、記者にはどこかで聞いたフレーズのような気がしましたが、あまり突っ込むべきではないのでしょうか。

 第2セット(第2試合)はママさんバレーの強豪Vividに敗れたOGチーム。試合後整列時のVividコールにみなほっこり。負けてもそれもまた良し、の結末となりました。

 今回、途中から応援団のみなさんの機転とご協力で、通常の試合と同様にサウンドを入れていただきました。これが大正解でグッと会場が盛り上がりましたね。力強い声援にOG選手もきっと昔を思い出されたことでしょう。

 ファンと応援団からの思わぬプレゼント返しに、みなさん嬉しそうにプレーされていたのが印象に残りました。幸せな時間だったと思います。

>> コラムのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック