全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>合成JT戦会見 合成・高松「自分たちがやるべきことができてなかった」JT深津「(サービスエースは)戦う姿勢をチームに落としたかった」

会見・コメント

2018-02-21 18:36 追加

合成JT戦会見 合成・高松「自分たちがやるべきことができてなかった」JT深津「(サービスエースは)戦う姿勢をチームに落としたかった」

V1リーグ 男子

深津「(サービスエースは)戦う姿勢をチームに落としたかった」
トーマス・エドガー
今日は本当に重要な試合だった。全員の力で勝てた試合だった。勝ちきれなかった相手だったけど、今日は6人全員でしっかりと、ミドルブロッカーもしっかり決めましたし、他にも決まって、素晴らしいディフェンスも出た。今は明日の試合に切り替えていかなければいけない。

深津旭弘
今日は大事な試合って皆わかっていたので、勝ちが取れたのは大きい。個人的には、もうちょっとうまく取る、取らないといけないところで取れれば、2セット目も違った展開になったと思いますし、取ったセットもまだまだ改善できる点があると思う。その辺は落ち着いて、トムにしっかりと打たせないといけない場面もあったと思ったし、今日なんかはセットで1、2本、浮かんでたというトスもあったし、トム以外にどうやって託すかというのをうまく回しきれれば、もっと良くなると思う。あとはアタッカーを信じてやっていくだけ。皆に助けられた。明日はパナソニックに挑戦者の気持ちで向かっていきたい。

中島健太
今日は大事な試合だった。そんな中でチーム全員で勝ち取った貴重な勝ち点。チームとしても個人としてもこれから改善の余地はあるので、明日はもっともっと良いプレーができる。今日のことは結果として受け止めて、明日も勝てるようにやっていきたい。

武智洸史
深津さんも言われたんですが、もっと取れる場面があったと思う。今日の試合は我慢勝負では、豊田合成よりは我慢できたかなと思う。サービスエースを取られる場面も多かったけど、しっかり強いサーブを上にあげて、アキさん(深津)が触ってトムさん(エドガー)が決めきってくれた場面も、(山本)将平さんが決め切ってくれた場面もたくさんあったので、そこの我慢強さでどこのチームよりも負けず。ディフェンスは粘り強く、最後思い切り打っていったり、考えて打ったりいったり、色々と考えていってる場面で点数を横並びしていって、最後20点超えた場面で一本抜けれるというのは感じました。

――深津選手に。3セット目、イゴール(・オムルチェン)選手のサーブで連続点を取られた後に、深津選手がジャンプサーブにしてノータッチエースを決めて流れが変わったと思った。あそこでサーブを切り替えたのはご自身の考えなのか、どういう風にして流れがかわっていったのか。
深津:あの場面でも結構、イゴールはスパイクにうまく対応できたが、サーブが今シーズン戦った中で一番サーブが覚醒していて、多分ここをセットを取りに来てるなというのは感じていた。案の定取られた。すぐ返さなければズルズルいくなというのは感じていた。いちかばちかじゃないけど、強く打とうと、戦う姿勢をもう1回チームに落とそうというイメージで打ちました。結果的にサービスエースになったのが、自分の中でも大きかったし、そこで自分も精神的にサーブで有利になったので重要な1点だった。

――武智選手。先週は途中交代が多かった。それを踏まえて今週はどういう風に取り組んだ?
武智:先週は、難しいんですけど、なかなかボールが触れる機会がなくて、終盤の方に、ボールを触らない時にどう精神状態とか質を保つか重要なんですけど。先週は終盤に集中力が切れたというか、最後サービスポイントを取られて、あと取りきれる弱ボールやフェイントも僕が落としていた。精神状態を保つのも僕の仕事だなと思って意識して練習に取り組んだ。あと、考えすぎず、楽しくやればいいんじゃないかなと思ったので、先輩方もそういう風に声かけてくれていたんで、今日は冷静に熱くというか、というのを意識して、プレーしました。

――同じく、武智選手。2セット目か3セット目はネット前目の柔らかいサーブだったのが途中から強いジャンプサーブに切り替えた理由は?
武智:とりあえず1、2セット目は、ビッグサーバーはたくさんいるので、トムさんだったり、将平さんだったり。僕は場面場面、状況を見て、フローターを打ったり、無理にうちにいかずコースを狙ったりと考えた。最後、豊田合成がガンガン打ってきたので、攻めていってリズムを作りなおさないといけないと思い、強くサーブを打ちました。

――ソフトサーブでネットにかけたからではなく?
武智:ではなく、状況を見て、僕は強く打つ時、コースを打つ時とやっていかないといけない選手だと思っているので、考えました。

――武智選手、自分はディフェンス型のウィングスパイカー?攻撃型?どっちと思っていますか?4セット目はディフェンスで活躍していたが。
武智:攻撃はやっぱり打ち切れるトムさんだったり将平さんがいるんで、ミドルもキャッチ返せば
今日、健さん(中島)が(スパイク決定率が)100%だったんで(小野寺)大志もガンガン打ってくれるんで、僕が返しさえすればあとはどうにかしてくれるので、リズムも出てきてくるんで、とりあえずディフェンスの意識をしっかりをもってやっている。

――中島選手。決定率100%でブロックでも活躍していたが、大一番での活躍、どんな気持ちでプレーしていた?
中島:ここ最近自分でも思うような結果というか貢献できていない中で、いかに試合出る以上、どういった形でチームに貢献していくか考えていまして、今日は本当にレシーバーの皆がしっかりレシーブを返してくれて、そこを深津さんがいいところで使ってくれたので、クイックに関しては。自分よりはチームに生かされてこのような結果になった。ブロックに関しては、いかにタッチを取っていくかを考えてやっていまして、いかに相手アタッカーを1枚にしないように心がけて、そこを自分がやりやすいように深津さんや将平さんなりに指示をだしてやっています。

――深津選手。ちょっと抽象的な質問なのですが、先週の試合でも今日の試合でも要所要所、重要な場面でブロックが出ています。1枚で抑えたり、ワンタッチ取れたりと。ふわっとした質問なのですが、なぜブロックが取れるのでしょう?
深津:見えます?笑。2レグまではすごく調子が良かったんですけど、3レグになってぱったりとブロックができなくなった。自分はセッターですけど、今日のサーブとかブロックとかでも武器、重要ということで、チームの中の一つの得点源になっていると自覚しているから、そこの部分では3レグに関しては満足いってなかった。今日はたまたまうまいことが出たんでよかった。トスが一番重要なのはわかっているし、それとは別に、ブロック、サーブ、ディフェンスというのは他のセッターに負けないものを出していかない。それがチームの得点につながればいいと思う。そこでブロッカー、ネットぎわのプレーにたいして。そこはまたやれたらと思う。

――気持ち的にスイッチがあるんですか?重要な場面で抑えてるという印象がある。
深津:常にブロックしたいというのがあるんで(笑)高さ的には低いんで、データを見ながら駆け引きながら、今日はたまたま出ました(笑)

文・写真:大塚淳史

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック