全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>全日本男子、ベルギーに1-3で敗れる。石川祐希「1次ラウンド最終戦は何が何でも勝ちにいく」 2018男子世界選手権

トピックス

2018-09-17 10:12 追加

全日本男子、ベルギーに1-3で敗れる。石川祐希「1次ラウンド最終戦は何が何でも勝ちにいく」 2018男子世界選手権

2018男子世界選手権 ベルギー戦コメント

全日本代表 男子

写真:FIVB

 2018男子世界選手権は現地時間の16日、イタリアのフィレンツェで第1次ラウンドA組第4戦の試合が行われ、日本はベルギーと対戦。1-3(25-14、23-25、14-25、19-25)で敗れた。日本の通算成績は1勝3敗。次戦は現地時間18日の17時(日本時間19日0時)からアルゼンチンと対戦する。

 試合後のコメントは、以下の通り。

■柳田将洋主将
 サーブレシーブの安定をということで途中出場しましたが、3セット目はいい結果が残せませんでした。1セット目は、外から見ていてすごくいいバレーをしていたと思います。個の力であれだけ押し込められれば楽になりますが、そう都合よくいかないのがバレーボールです。2セット目以降はベルギーがちゃんと対応してきましたね。それにこちらが更に対応しなければいけないのにしきれなかった。またトスがニアになったところでブロックされてしまったり、Bパスからの攻撃がうまくいっていませんでした。今日は僕は外から見ていたので、どうこう言える立場ではありませんが。ディグは上がっていたと思いますし、フィニッシュではやはりベルギーの高さがあったと思います。
 一次ラウンド最終戦のアルゼンチン戦では、なんとか這いつくばってもしがみついてでも勝つしかない。

■藤井直伸
 スロベニア戦からスタメンになる前に怪我をしていたということはありません。自分のトスワークに関しては、サイドアウトは2セット目まではとれていたと思います。2セット目以降相手もシステムを変えてきたので対応しきれませんでした。それでもサイドアウトのトスワーク自体はそんなに悪くはなかったと思うのですが、トランジション(スパイクレシーブからの攻撃)のときが効果率が悪かったので、そこが点数の差になりました。
(システムが変わったのは)西田へのマークが厚くなった。

■石川祐希
 1セット目は西田のサーブも非常に良かったですし、とりたいところで点をとりきれていました。
 自分のコンディションはとてもいいです。痛みなどもどこもないです。ただ、チームスポーツですから、自分のコンディションがよければ即試合に勝てるというものでもありませんし、そこはチームで勝ちにいきたいと思います。
 自分にもう少し(トスを)集めてもらいたいという気持ちもありましたが、途中でミスをしてしまってから藤井さんにあげてもらえなくなってしまったので、そういう1本1本をミスなく大切にしたい。

 自分の対角が福澤さんになって、自分がより攻撃することが求められていると思うので、その役割をしっかり果たしたいと思います。

 1次ラウンド最終戦は何が何でも勝ちにいきます。
 

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック