全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>ブレス浜松・菅原麻衣「会場の皆さんの声が選手たちには届いています」V2女子記者会見

会見・コメント

2018-11-23 13:36 追加

ブレス浜松・菅原麻衣「会場の皆さんの声が選手たちには届いています」V2女子記者会見

V2リーグ 女子

■GSS東京サンビームズ

「構想しているバレーができたということに対して納得しています

松浦未波選手(左)張心穆意選手(右)

●松浦未波選手

今日の試合は、最後まで自分たちの気持ちが切れなかったのが一番よかった点ですね。負けていても「絶対勝ってやる!」という全員の気持ちが一つになっていたから、ボールを落とさなかったり、最後決め切れた。スパイカーに気持ちを届けることができたからアタックが決まった。
勝利には届かなかったんですが、内容も良かったと思いますし、自分たちの自信にもつながる試合ができました。負けてしまいましたけれどもすがすがしい(笑)気持ちです。
自分の持ち味のサーブが今シーズンチームに貢献できてないのでもうちょっとそこを伸ばせるようしたいですね。

●張心穆意(ちょう・しんむい)選手

最初から簡単に勝てるとは思っていなかった相手です。負けてはしまいましたが内容は決して悪くなかったと思います。
自分のプレーについてはまだまだスパイクが足りないなと思います。最終セットの最後の3点くらいは私にトスが上がったのに決め切れなかった。自分の力不足だと思います。どれだけ難しい状況でも決め切れるように練習していきたいと思います。

――松浦選手へ。トス回しの部分を少しお聞かせください

松浦:サイドアタッカーをなるべくフリーにしてあげられるように、ムイ(張心穆意選手)だけに頼るんじゃなくて周りの選手も生かせるような、決定率が上がるような配球、使いどころを心がけるようにしています。

――張選手へ。試合の中でご自身のブロックについてはどう感じていますでしょうか

張:私はもともとブロックがよくないので(笑)いまリズムを探している途中です。どうしてもブロックが出ていない部分もあるのでこれから練習しないといけないなというのはあります。

●笛木彰監督

結果は出なかったんですが、勝ち点1が取れたということは評価できると思います。
ずっと(練習で)やってきたということが実際のゲームで生かされた、構想しているバレーができたということに対して私自身は納得していますし、こういう試合を続けていけば勝利はついてくると思っています。
やや張(心穆意)選手に攻撃が依存しすぎた面もあるんですが、よくそれに応えて決めてくれたと思っています。(彼女も)満身創痍だったと思いますが、ギリギリまでよく頑張ってくれたと思います。
それだけでなく、小兵の選手がよくフォワードでも頑張ってくれているなと思っています。

――今シーズン、優勝を狙っていかれますか?

笛木:昨年3位だったのであとは1位2位しかないと思っています。絶えず選手にはそう言ってきています。
初戦が姫路戦だったわけですが、みんなそこを基準にしてやっていこうという気持ちになったので、むしろ初戦でガツンとやられたのは良かったと思いますね。

――今のチームをどう見ていらっしゃいますか?

笛木:攻守のバランスが良くなっていると思います。試合の中でガタガタっといくケースがあまりなくなったので、キャッチが入ればサイドアウトがしっかりとれる攻撃力が身についていると思います。このバレーでもう少し精度を上げていけばいいと考えています。

 

写真:堀江丈

 

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック