全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>フォトギャラリー>フォト PFUvs KUROBE デンソーNEC 日立vs埼玉上尾 女子 ひたちなか 2018.12.9

フォトギャラリー

2018-12-10 16:23 追加

フォト PFUvs KUROBE デンソーNEC 日立vs埼玉上尾 女子 ひたちなか 2018.12.9

V1リーグ 女子

第3試合 日立リヴァーレ vs 埼玉上尾メディックス 3-2(25-21、25-21、20-25、20-25、15-9)

●佐藤美弥主将(日立リヴァーレ)。角田監督代行とガッツポーズの競演

●トライ&エラーを繰り返しながらアタッカーの柱に成長しつつある長内美和子選手(日立リヴァーレ)

●新人ながらミドルブロッカーとしてスタメン出場を重ねる入澤まい選手(日立リヴァーレ)

日立のホームゲーム。埼玉上尾はNECをストレートで下した前日の勢いそのままに臨む。

埼玉上尾はジャジャ(サンティアゴアライジャダフニ)選手を固定し、青柳京古選手、丸山裕子主将、三浦茉実選手、松本亜弥華選手と状況に応じてミドルブロッカー陣を駆使する。

●機動力でチームに貢献したいと語る丸山裕子主将(埼玉上尾メディックス)

●「自分のストロングポイントはブロック」三浦茉実選手(埼玉上尾メディックス)

2セット先取した日立がそのまま押し切るかと思われたが、埼玉上尾がケティ(シュシュニャルカタリナ)選手にボールを集めて巻き返しに成功。

フルセットに突入した白熱の展開となったが、場内の声援を背に渡邊久惠選手のバックアタックが炸裂。最後は日立が突き放し、嬉しいホーム2連勝となった。

いよいよ12月11日発売の「イブニング」にて連載中の「少女ファイト」に佐藤主将が登場となる。試合後の記者会見にて感想を佐藤主将に尋ねたところ「大変良く書いていただきました。嬉しいです」と笑顔をいただいた。

 

 

 

>> フォトギャラリーのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック