全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>デンソー・中元南「チームに欠かせない存在になれるように」、姫路・溝口由利香「崩されても直接失点はしない」

会見・コメント

2019-12-17 17:57 追加

デンソー・中元南「チームに欠かせない存在になれるように」、姫路・溝口由利香「崩されても直接失点はしない」

V1リーグ 女子

●川北元監督

序盤からシーソーゲームというか、わからないゲームで非常に難しい試合でした。選手たちがエネルギッシュに最後まで食らいつくプレーをたくさん出してくれました。本当によく頑張ってくれたなと思います。

――交流戦を経て得たものは? スターカンファレンスはオポジットに強力なスパイカーを要するチームが多かったですね。

川北:ビッグヒッターに多くの点数を取られるケースは否めない。それに対して自分たちのディフェンス…ブロック&ディフェンスの連携ですね。得点を量産できる選手が我々にはいないので、こちらは全体で点数を重ねるということをずっとやってきました。苦しい試合もたくさんありましたが、そういうゲームを乗り越えてまた一段階、みんながタフになってきてるんじゃないかなと思います。

――苦しい状況を通じて工藤(嶺)選手と東谷(玲衣奈)選手のようにいい関係の競争もできているのではないでしょうか?

川北:そうですね。切磋琢磨しているというか、それぞれが違うタイプですし、サイドの選手もそれぞれが自分たちの良さを出して競争しているというふうに僕は見ています。チーム力が非常に上がっているなと感じています。

――ファイナル8に向けてのチームの雰囲気は?

川北:まだレギュラーラウンドが終わっていないですし、そこをしっかり戦い抜いてから次のラウンドのことを考えるべきかなと思っています。当たる相手もまだわかりませんし、どういう状況になるのか本当にわからないので、一戦一戦集中していきたいと思っています。

 

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック