全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>インタビュー>久原翼(パナソニック)「昨年は(柳田)マサさんに『一緒に頑張ろうぜって言ったじゃん!』と言われながら帰国の途につきましたが、今度はずっと一緒に代表でやりたいですね」

インタビュー

2020-05-22 08:00 追加

久原翼(パナソニック)「昨年は(柳田)マサさんに『一緒に頑張ろうぜって言ったじゃん!』と言われながら帰国の途につきましたが、今度はずっと一緒に代表でやりたいですね」

V1リーグ 男子 / 全日本代表 男子

――初めてインスタライブをやってみてどうでした?
久原:なんか…楽しかったですよ(笑)

――またやってもいいかなと?
久原:まあ機会があれば、ですね。

――マウリシオコーチが久原選手のことを「パサーとしては日本で一番、スパイクはもっと強打を打つことも考える必要がある」と。マウリシオコーチについて思うことは。
久原:大学を卒業してずっと指導してくれた素晴らしいコーチだと思うので、そういう人にある程度の評価をしてもらえたのは嬉しいですけど、自分としては日本一だとは思わないですし、まだまだな部分が多いので、もっともっとその期待に応えられるようにがんばっていきたいです。

――マウリシオさんはどんなコーチでした?
久原:あまり外国人のスタッフを経験したことがなかったので、最初はなれない部分も多かったですけど、本当に性格的にも明るくて、選手たちにもコミュニケーションを取ってくれるコーチでしたし、練習のときはバレーボールにすごい熱い思いを持っていることを感じました。
試合の時も信頼してましたし、だからこそこうやって何個もタイトルをとることができたと思います。マウリシオとできたことは、自分のバレーボールのキャリアにとってすごく良かったと思います。

――マウリシオさんにメッセージを。
久原:まずは本当にありがとうございましたと言いたいです。まだまだ発展途上なので、これから良くなる余地がありますから、次にあったときにもっと成長した姿を見せられるようにしたいです。

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック