全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>V2リーグ男子 10月24日旭川で4チームが初戦 北海道2チーム(サフィルヴァ北海道・ヴォレアス北海道)が先勝

トピックス

2020-10-25 07:20 追加

V2リーグ男子 10月24日旭川で4チームが初戦 北海道2チーム(サフィルヴァ北海道・ヴォレアス北海道)が先勝

V2旭川大会の結果とコメント

V2/V3 男子

V.LEAGUE DIVISION2(V2)男子は24日、北海道旭川市のリアルター夢りんご体育館において2試合がおこなわれ、4チームが開幕戦を迎えた。


2017年の黒鷲旗(当時JTサンダーズ)以来、約3年半ぶりにインドアでプレイした越川優

第1試合では、この日がV2リーグ昇格初戦となるサフィルヴァ北海道(前回V3リーグ3位 ホーム・札幌市)が長野GaRons(前回12位)に3-1で勝利を収めた。今季、上杉徹監督が就任し、超攻撃的バレーをコンセプトとして掲げるサフィルヴァ北海道は、サントリーから期限付き移籍の柏田樹がアタック決定率68.2%を記録するなど、ミドルブロッカーを効果的に遣い、第2セット以降は攻撃のペースを掴んで勝利した。長野GaRonsは、ブロックやディグで応戦したが及ばなかった。


9月に急逝した油井GMを偲び、喪章をつけてプレイするサフィルヴァの選手

第2試合はホームチームのヴォレアス北海道(前回2位)がヴィアティン三重(前回6位)と対戦した。ヴォレアス北海道は古田史郎主将とセッターの山口功太郎を負傷で欠く構成ながら、オポジットに入った張育陞が古田の穴を埋める活躍を見せ、2セットを先取。第3セットは三重の選手交代が功を奏し取り返したが、第4セットで再び攻守立て直したヴォレアスが、食らいつくヴィアティンを振り切り、ホームでの開幕戦で勝利を収めた。新加入の越川優は3年半ぶりのインドアでのプレイであったが、攻守で要所を締め、若手選手の多いコートの大きな支えとなった。

25日も引き続き、24日と同一カードで試合がおこなわれる。

【第1試合】サフィルヴァ北海道 3-1 長野GaRons
20-25 25-22 25-21 25-20

スターティングメンバー
サフィルヴァ北海道
17森元OH 4奥田MB 14山口OP 6阿部OH 22柏田MB 20佐藤S L2神園(レセプション)、16桝谷(ディグ)
長野GaRons
1酒井OH 7石坂MB 9高瀬OP 5浅田OH 2鰐川MB 4渡部S L山田(レセプション)、3三角(ディグ)

【第2試合】ヴォレアス北海道 3-1 ヴィアティン三重
25-21 25-15 18-25 25-20

スターティングメンバー
ヴォレアス北海道
18後藤MB 14張OP 20戸田OH 23田城広MB 17辰巳S 0越川OH L10白石
ヴィアティン三重
3野垣S 16安田OH 15茶屋道MB 23北田OP 2中村OH 8長谷川MB L12大浦坂(レセプション)、10外崎(ディグ)

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック