全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>ジェイテクトがJT広島をストレートで破り、決勝へ 西田有志「2セット目休ませてもらった分、3セット目に得点できてよかった」JT小野寺「リーグで連敗していたが昨日まず1勝できたのが大きい」天皇杯

会見・コメント

2020-12-13 14:10 追加

ジェイテクトがJT広島をストレートで破り、決勝へ 西田有志「2セット目休ませてもらった分、3セット目に得点できてよかった」JT小野寺「リーグで連敗していたが昨日まず1勝できたのが大きい」天皇杯

天皇杯ファイナルラウンド準決勝JT広島対ジェイテクト

V1リーグ 男子

バレーボール全日本選手権(天皇杯)ファイナルラウンド準決勝は13日、東京都武蔵野の森総合スポーツプラザで試合が行われ、第1試合のJT広島対ジェイテクトSTINGSは、第1セット第2セットともジェイテクトが先行し、ジェイテクトの強いサーブでJT広島を揺さぶった。

JT広島はリリーフレシーバーに井上航を入れるなどしてケアしたが、なかなか点差が縮まらず第2セット中盤で16-9と大差をつけられ、そのまま連取された。

第3セット、JTは武智の代わりに井上慎一郎をコートに残してスタート。しかし立ち上がりからジェイテクトがリードし、リードを保ちながら中盤へ。JT広島も小野寺、エドガーのサーブで崩してブレイクするなど反撃を試みて、西田有志がアタックラインを踏み越して13-13と同点に追いつく。

ここからは西田とエドガー両エースの打ち合いでお互い一歩も譲らず。19-19のところで西田のスパイクをJT広島が2枚ブロックしたが、次は物ともせず決めきって20-20に。そのまま崩れた体勢からも西田が決めてリードを広げたがまたJTにブロックが出て22-22。でユースにもつれ込んだが、最後はフェリペが決めてストレートで勝利した。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック