全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>群馬銀行・松尾奈津子「もう一度Ⅴリーグでやりたかった」、大野石油・鈴木輝監督「北川海育はチームを背中で引っ張ってくれる」 V2女子会見

会見・コメント

2021-02-18 17:39 追加

群馬銀行・松尾奈津子「もう一度Ⅴリーグでやりたかった」、大野石油・鈴木輝監督「北川海育はチームを背中で引っ張ってくれる」 V2女子会見

V2リーグ 女子

――坂本副主将に。第3セットは途中出場し、サーブで連続ブレイク。逆転を演出しましたね。

坂本:サイドにブロックが揃っていたので、相手がレフトに上げたボールを2枚ブロックで対処したいと考えました。ちょっと相手が嫌がるかなと思うところを狙いました。

――今日のチームの調子は、どのように見えましたか?

坂本:調子自体はそんなに悪くはないと思います。ただ、2週間ほど練習もできていなかったので、(その反動で)体の痛い部分が出たり、そういったことは個々にあると思います。ですが、試合に向けてケアも調整もできていました。これからまだ時間もありますので、もう一度全員でコンディションを作り直したいなと思います。

――第1セットはチームに緊張があった?

坂本:そうですね。最初の1点目とか特に感じました。被ブロックが多かったと思います。フォローには入れていたのですが、どうしてもスパイクに力が入っていました。8点目のテクニカルタイムアウト時に「ミスをしてもいいから、もう少し大きくスイングをしていこう」と話をしました。そこから徐々に自分たちのペースを取り戻したと思います。

――試合前の雰囲気は? 舞い上がったりすることは?

坂本:むしろ淡々と練習している感じでした。落ち着いてはいましたが、声をかけて盛り上げていけばよかったかなと反省はしています。

――落とせない試合が続きます。

坂本:アランマーレさんと1レグで対戦した時は自分たちのホームゲームで、調子が良かったこともあって、ストレートで勝てました。アランマーレさんも打倒群銀という気持ちで来るはず。そこに負けない粘りのあるプレーを展開できたらいいなと思います。浜松さんには1レグで負けています。最終戦にもなりますし、チャレンジマッチのことよりも今は目の前の1試合1試合を全力で戦いたいという気持ちです。

――田中選手に。今日は打数が多かったですね。

田中:打数が多いのは仕方がないポジションです。自分の強みであるパワーに加え、多彩なコースに打っていく練習をしています。その点は良かったと思いますが、休止以前ほどの調子ではないと感じています。次の試合までに時間がありますし、1レグに近い状態に戻せるようにしたいです。

――次の2戦に向けて意識することは?

田中:相手に粘り負けしない。ハイセットが上がってくる本数が多くなると思うので相手のブロックを弾き飛ばせるくらいに打ち切りたいです。準備できることはまだあると思うので、万全にしていきたいと思います。

――勝負所でトスが集まりました。

田中:「持ってこい」という気持ちで今日は戦えたと思います。バレーボールは流れのあるスポーツなので、そこを切らしちゃいけないな、って。どんなトスでも絶対決めるつもりで打っていました。

――昨シーズン、スパイクの調子が上がってきた理由として、「助走」の効果をお話しいただきました。今シーズンの好調を裏付ける理由は、ほかにもありますか?

田中:助走に対する取り組みは継続してやっています。自分は肩に力が入りやすいので、「助走で踏み切ったら空中では楽に」と考えて打っています。肩の力を抜くということを意識してやっています。

――エースの自覚を持って戦っていますか?

田中:はい。3本目は絶対に自分がどんな形でも打ち切るという気持ちは絶対に忘れていないです。苦しい場面でみんなが私に持ってきてくれるので、そこは期待に応えないといけないなという強い気持ちは常に持っています。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック