全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>群馬銀行・松尾奈津子「もう一度Ⅴリーグでやりたかった」、大野石油・鈴木輝監督「北川海育はチームを背中で引っ張ってくれる」 V2女子会見

会見・コメント

2021-02-18 17:39 追加

群馬銀行・松尾奈津子「もう一度Ⅴリーグでやりたかった」、大野石油・鈴木輝監督「北川海育はチームを背中で引っ張ってくれる」 V2女子会見

V2リーグ 女子

■大野石油広島オイラーズ

●山内佑里子主将

今シーズン最後の試合。全員で勝ちに行っていたのですが、経験も少ないチームです。上手くいかないときに決められる人がいませんでした。リードしていても終盤に相手に連続得点を許してしまって、最後の力を発揮できませんでした。

●北川海育選手

サーブで攻めて、そこからの展開を作っていこうと話していましたが、結局攻めきれなくて、相手に思ったような攻撃をされてしまっていました。反対にサーブでこちらが崩されて、自分たちがやりたかったことを相手にやられてしまった試合です。

●蠣崎真衣選手

何度かリードする場面があったんですけど、自分たちの詰めの甘さだったり、ブロックフォローが入れていなかったりして、スパイカーが思いっきり打つことができませんでした。
サーブでも攻めることができず、相手の時間差攻撃が増えてきて、レシーブも上がりませんでした。自分たちで悪循環な状態にしてしまいました。

――山内主将に。今シーズンの達成度は?

山内:自分たちにはエースという存在がいないので、全員で攻撃をしなければなりません。サーブで攻めて、相手を二段トスにして、ブロックでワンタッチを取って、コンビを組んで攻めていこうと。1年間そうやってきたんですけど、逆に自分たちがやろうとしていたことを相手にされてしまう場面が多かったです。サーブとブロックの詰めがまだまだ足りなかったと思いました。

――北川選手に。ミドルブロッカーですが、打数も多く、チームの攻撃を支えていると思います。今年の自己評価を。


北川:セッターは今年入ってきてくれた子で、すごく大変なシーズンだったと思います。リーグの初めの頃は自分の打数も少なくて、アウトサイドヒッターに負担がかかっていました。でも、リーグをこなしていくうちに…セッターとミドルは信頼関係が一番大事だと思っていて、それが試合ごとにどんどん強くなっていって。終盤ではレシーブのボールが乱れても、しっかりミドルに持ってきてくれました。コロナの影響で練習もできなかったり、いろいろありましたが、もうちょっと早めの段階で連携ができていたら、勝ちにもつなげられたかなと思います。

――蠣崎選手に。今シーズン攻守両面で活躍されてきましたね。

蠣崎:自分はサーブレシーブを担当しています。コンビを使うというのを目標にしているのに、大事な時にセッターに返らなくて。スパイクも大事なところで上がってくるポジションなのに決め切れなかったり、相手のブロックに当たってしまったり。自分が最後に決めないといけないのですが、全然決まっていなかったので、もう少し工夫しながらやっていけたらよかったと思っています。

――手応えを感じた部分は?

蠣崎:今まではプッシュとか軟打のボールを打つことがあまりなかったんですけど、先輩方とか監督にアドバイスされて取り組みました。後半にはなりましたが、少しずつできるようになってきました。相手のフォーメーションが多少は崩せたという手応えはありました。

――山内主将に。ファンに向けて一言。

山内:今シーズンはコロナ禍という状況で、会場に来れない方もたくさんいらっしゃったと思います。画面越しでもたくさんの方に観ていただいて、バレーの楽しさや感動したプレーをお伝えできたのかなと思います。なかなか会場で応援してもらうことはできなかったんですけど、自分たちのやるべきことは最後までしっかりやれたと思っています。来シーズンも…まだどうなるかわかりませんが、ファンの方やたくさんの方に会場にお越しいただいて、みんなで楽しさや喜びを分かち合えたらいいなと思っています。来シーズンもよろしくお願いします。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック